天使の報酬 外交官シリーズ 講談社文庫

真保裕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065224496
ISBN 10 : 4065224497
フォーマット
出版社
発行年月
2021年02月
日本
追加情報
:
492p;15

内容詳細

サンフランシスコで日本人の女子大学生が失踪した。彼女と接点があったフリー記者の他殺体が日本で発見。背後にちらつく謎の留学生を追い、外交官・黒田康作は日本に帰国する。国内では、医療研究所への不審者の侵入や関係者宅が爆破される事態に。信じがたい事件の真相に辿り着いた黒田に危機が迫る!

【著者紹介】
真保裕一 : 1961年東京都生まれ。’91年に『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞。’96年に『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、’97年に『奪取』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞長編部門をダブル受賞し、2006年には『灰色の北壁』で新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
外交官シリーズ3作の中で最もスリリング。 ...

投稿日:2021/07/25 (日)

外交官シリーズ3作の中で最もスリリング。 邦人保護特別領事でありながら舞台は日本。 外交官黒田耕作の立ち位置の分かる秀作。 アマルフィーだけではなく映画化して欲しい。

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 坂城 弥生 さん

    日本でも子供のままいられるのは一部の富裕層だけだと思うけど。

  • 蕭白 さん

    面白かったです。香苗さんの成長がいい感じでした。

  • ドットジェピー さん

    面白かったです

  • shun さん

    2021年11冊目。外交官・黒田康作シリーズ第2弾。文庫化をどれだけ長いこと待ったことか…復習のために第1弾『アマルフィ』を再読しました。帯にコロナウィルスという文字があったので、まさか内容が変わってるのかと思いきや、新型ではないやつでした。相変わらず面白い。今回は黒田が出し抜かれることが何度かありましたが、相変わらずタフですね。現実世界でも国益のために様々なことが隠されていると思うと、何とも言えない気持ちになります。第3弾が3月に出るみたいなので、楽しみです。第4弾もいつか出して欲しいです。

  • astmee さん

    かなりの長編だけど本当はもっと長かったのを削って削ってこのサイズになったんじゃないかと思うほど密度の濃い作品。サンフランシスコ、東京、ボリビア(行かないけど)をめぐる事件を追う今作の黒田が一番長い時間を過ごすのは意外なことに日本国内だけど、今後シリーズを描いていくにあたって黒田の立ち位置を明確にするためにあえてそうしたのかなと思った。(安達香苗を再登場させたかったというのもあったりして)次のアンダルシアで一旦止まるみたいだけど面白いシリーズなのでライフワークとして続けて欲しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

真保裕一

1961年東京都生まれ。アニメーション制作に携わった後、91年『連鎖』で第37回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。96年『ホワイトアウト』で第17回吉川英治文学新人賞、97年『奪取』で第10回山本周五郎賞、第50回日本推理作家協会賞長編部門、2006年『灰色の北壁』で第25回新田次郎文学賞を受賞する

プロフィール詳細へ

真保裕一に関連するトピックス

  • 真保裕一の待望の新刊『赤毛のアンナ』 施設に引き取られた少女・志場崎安那。彼女は持ち前の明るさで、辛い経験を持つ仲間たちを盛り上げていく。15年後、アンナ... HMV&BOOKS online|2016年02月05日 (金) 17:03
    真保裕一の待望の新刊『赤毛のアンナ』

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品