親鸞

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784756241689
ISBN 10 : 4756241689
フォーマット
発行年月
2012年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;16

内容詳細

目次 : 弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。/ 本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆへに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆへにと云々。/ 念仏は、まことに浄土にむまるるたねにてやはんべらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん。惣じてもて存知せざるなり/ 聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれども、おもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし。/ 親鸞は弟子一人ももたずさふらう。/ つくべき縁あればともなひ、はなるべき縁あればはなるることのあるをも、師をそむきてひとにつれて念仏すれば、往生すべからざるものなりなんどいふこと、不可説なり。念仏は行者のために非行・非善なり。わがはからひにて行するにあらざれば非行といふ、わがはからひにてつくる善にもあらざれば非善といふ。/ 親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。/ わがこころのよくてころさぬにはあらず、また害せじとおもふとも百人・千人をころすこともあるべし。/ 聖人のおほせには、善悪のふたつ惣じてもて存知せざるなり。〔ほか〕

【著者紹介】
石井ゆかり : ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、独特の文体で老若男女を問わず人気を集める。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーとなった

井上博道 : 1931年兵庫県生まれ。1954年龍谷大学文学部仏教史学科卒業後、産経新聞大阪本社編集局写真部入社。1966年フリーカメラマンとして独立。1987年有限会社井上企画・幡を設立。1983年から1997年まで大阪芸術大学写真学科勤務、退職後は撮影・創作活動に専念。日本写真家協会会員(JPS)、奈良市美術家協会会員他。龍谷大学より龍谷賞授与、第七回藤本四八写真文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
石井ゆかりさんの文章、井上博道さんの写真...

投稿日:2021/04/18 (日)

石井ゆかりさんの文章、井上博道さんの写真どちらも素敵でした。あまりくわしく知らなかった浄土真宗や親鸞のことを知ることができて興味深かったです。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 日々珠 さん

    今、私に一番近い親鸞の本。写真と石井さんの話に和む。しかしこの本ですら「正しすぎる」と思わないでもない。本の厚さや値段が一瞬、自分とは遠く感じる気がして。

  • ぱんにゃー さん

    「でも、よく考えてみると、私たちは自分の力で何もかもできると思っているからこそ、こんなに苦しんでいるのではないか。」(あとがきより)「「自分」に縛られることを」やめてしまえ」(著者の禅語への解釈)/発想の転換で同じ出来事も全く別に見えるような気がします。ありがとうございます。(コ)

  • ちぇしゃ さん

    禅語に続く第二弾。石井ゆかりさんによる悪人正機っていうと言い過ぎかな。親鸞の言葉を著者なりに受け止めて現代訳にしたもの。絶望や苦悩の存在や、善かれと思うことは本当に善いことなのかなど、心の中に「すでにある」悩みがそれが本当にそうなのか?という問いから生じた様々な言葉が綴られています。エッセイなのでさらっと読めてしまうけど、なかなかに深くて、時にヘヴィーです。禅語よりも少し生々しく、もう少ししんどいところに踏み込んでいるかな。読み返せば読み返すほどに様々なことを感じられる気がするのでしばらくして再読します

  • 猫耳ありす さん

    親鸞、って名前だけしか知らなかったから、こんな言葉を残してたんだなということを知るいい機会になりました。人間という存在の本心を分かっているような言葉に驚きました。一度読んでみて損はない、というより読んでみて欲しい作品でした。

  • Mayuko さん

    ゆだねるということ。「倶会一処」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品