ちいさなねこ こどものとも絵本

石井桃子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834000870
ISBN 10 : 4834000877
フォーマット
出版社
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20×27cm,27p

内容詳細

子ねこが外へとび出しました。外には、危険なものがいろいろ待ちうけています。常に外へ、広い世界へ、冒険へとむかう幼いものの姿を的確にとらえた絵本です。 3才から

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ちいさなねこの冒険のおはなしです。おおき...

投稿日:2021/07/27 (火)

ちいさなねこの冒険のおはなしです。おおきないぬが登場したり、ハラハラワクワクします。ねこの躍動感が感じられる絵と文章で、楽しく読めました。ねこがかわいらしいです。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あすなろ さん

    【育児】63年出版。息の長い作品。絵が時代を感じさせる。子猫の冒険から端を発した危機を母親猫が救う、というパターン。交通安全とかの啓蒙には良いだろう。

  • 優花 (@⌒〜⌒@)モグモグ さん

    好奇心旺盛の小さな猫。子猫ってこんな感じ♪♪こんな感じ♪♪ 外の世界は子猫達にとって危険なものがたくさん。そして母猫は強し。子猫を守りにいく姿は、やっぱり母親なんだなって実感しました。

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】再読。母の愛情に守られた子猫の成長譚。昭和の風景が懐かしいです。

  • 鱒子 さん

    図書館本 無謀にも見える子猫の大冒険。ともかく絵が写実的で素敵。猫も犬も生き生きと描かれています。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    中川李枝子さんの『子どもはみんな問題児』に紹介されていました。好奇心いっぱいのちいさなねこ。でも世の中は危険なことが一杯。こねこを助けに行ったお母さんねこの立派さに心を打たれます。車をよけ、自分より大きな犬を追い払い、木に登って子猫をくわえて降りてくる。すごいです。一生懸命な母の愛に涙しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品