のはらのひなまつり えほん・こどもの四季

神沢利子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323003139
ISBN 10 : 4323003137
フォーマット
出版社
発行年月
1980年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25×26cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    雛祭り強化週間。女の子が画用紙で雛人形を作ろうとしていたら、強風が吹いて野原に飛んで行ってしまう。野原では、飛んで行った画用紙をネズミやウサギが拾って、「野原の雛祭り」をお祝いする、というお話。タンポポで作るお雛様が可愛い。雛祭りの由来の解説も充実。元々は春先に厄払いするため、みそぎを行っていたものが、流し雛として人形になり、その人形がだんだん装飾が豪華になり、家の中に入ってきたものらしい。雛あられはピクニック用の食べ物、桃は邪気を払う解毒剤、ひし餅は健康食、などの由来も興味深い。

  • ナヲ さん

    ひなまつりには何を読もうかなぁといつも悩むけど、この絵本はとても良い。お話も絵もほっこり温かです。たんぽぽ雛、作りたいな。

  • スノーマン さん

    文章がリズムカルで読みやすくて心地よかった。そして絵もお馴染みのいわむらさん。図書館でいわむら特集棚が出来てて嬉しくて何冊も借りてきたうちの一冊。ともこの小生意気なところも、猫のみーやが普通にお話しすることも、たんぽぽのおひなさまが幸せそうに並んでいる絵を見てると、そんなことは気にしならなくなるのだ(笑)なんだか日向ぼっこしてる気分になれる絵本。

  • 遠い日 さん

    岩村和朗さんの絵を求めて。自分の力で雛祭りをしたかったともこちゃん。内緒にしてみんなをびっくりさせたかったのに、雛祭りはもう野原で始まっていた。野原の動物たちが楽しんでいるのを見て、心開かれたともこちゃん。たんぽぽのお雛様もすてきです。

  • 花林糖 さん

    (図書館本)ともこちゃんが作っていたお雛様が風に吹き飛ばされ野原へ。たんぽぽ野原の動物達が作った「たんぽぽ雛」がとっても素敵です。巻末には雛祭りの由来について・たんぽぽ雛の作り方が載っています。岩村和朗さんの描く動物達が素朴で可愛い。(中古入手)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

神沢利子

1924年、福岡県に生まれ、北海道、樺太(サハリン)で幼少期をすごす。文化学院文学部卒業。詩、童謡、絵本、童話、長編と、児童文学の第一線で幅広く活躍。日本児童文学者協会賞、小学館児童出版文化賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、巌谷小波文芸賞、モービル児童文化大賞など数多く受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品