エネルギー産業2030への戦略 Utility3.0を実装する

竹内純子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784532324384
ISBN 10 : 4532324386
フォーマット
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
176p;21

内容詳細

日本の勝ち筋、負け筋は、エネルギーで決まる!誰もが知っておきたい最新動向がこの一冊に。『エネルギー産業の2050年―Utility3.0へのゲームチェンジ』待望の続編!!

目次 : Introduction/ 1 エネルギーと日本の社会課題/ 2 エネルギー産業のパラダイムシフト/ 3 UXコーディネーターの実践/ 4 世界の脱炭素化を牽引する日本企業/ 5 パラダイムシフトを実現する政策とは/ 6 ゼロカーボン社会へのマスト条件/ 7 地域社会とエネルギー産業

【著者紹介】
竹内純子 : 国際環境経済研究所理事。U3イノベーションズLLC共同代表。東北大学特任教授。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、東京電力入社。主に環境部門を経験後、2012年より独立の研究者として、地球温暖化対策とエネルギー政策の研究・提言、理解活動に携わる。国連気候変動枠組み条約交渉にも長年参加し、内閣府規制改革推進会議ほか政府委員も多数務める。編著を務めた『エネルギー産業の2050年―Utility3.0へのゲームチェンジ』の執筆を機に、U3イノベーションズLLCを創業、共同代表を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Go Extreme さん

    どうしてこうなった日本_2050 輝かしき日本_2050 エネルギーと日本の社会課題: 気候変動問題 人口減少 国土強靭化 エネルギー産業のパラダイムシフト: 価値が反転する電力量 広域化と分散化の同時進行 UXコーディネーターの実践 Energy with X やって新産業を生み出すか 世界の脱炭素化を牽引する日本企業: 日本企業の勝ち筋 電化領域における覇者たち パラダイムシフトを実現する政策とは ゼロカーボン社会へのマスト条件 地域社会とエネルギー産業 地域社会におけるエネルギー資源の偏在から遍在へ

  • じゅんぺい さん

    Utility3.0の続編。2050年に向けた成長戦略において勝ち筋を見出すために2030年をどう過ごすか。顧客体験に重きをおいたUXコーディネーターに近づいてはいるもののまだ十分ではない。エネルギー領域内に拘りすぎだし、エネルギーと機器のセット売りだけでは価格戦線から抜け出せず、ラストワンフィートをどう乗り越えるかが重要。政策面なども勉強になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品