ふねがきた! 幼児絵本ふしぎなたねシリーズ

笠野裕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834025613
ISBN 10 : 4834025616
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
追加情報
:
24

内容詳細

小さな島の港に船がやってきた。タラップをつけて、うしろの扉が開いてクレーンが動いたら、降りてくる降りてくる、人に車にいろんな荷物。港はたちまち大にぎわい。今度はいろんなものが船に乗り込んでいき…。

【著者紹介】
笠野裕一 : 1956年、宮崎県に生まれる。1980年、東京農業大学を卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ラグエル さん

    船に携わるはたらくクルマが目的で楽しんでいた息子。突然、港の職員がピンクの婦人帽を持っていることに違和感を感じた息子が「この帽子はどこから来たの」と指摘。かないがよく見てみたら、婦人が帽子を飛ばされて港の職員にその帽子をキャッチしてもらい、無事手元に戻る、という、細かなサブストーリーが盛り込まれてあった。

  • しろくま さん

    4歳7か月の息子と2歳11か月の娘と。文字は少ないですが、絵は細かくきれいなので見るのも楽しいです。「タラップ」、「うしろのとびら」、「クレーン」はどこなのかを絵で確認したり、ショベルカーやミキサー車が船に入っていくのを見て嬉しそうでした。なかでも、コンテナの中身を見られたときは、わー!と歓声が!(コンテナの中身に興味津々の子どもたち)。

  • 雨巫女。 さん

    《書店》船は、大量な物や人を運ぶ。暮らしを護り、そして生き甲斐が生まれる。また、明日も…。

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    本屋で:フェリーが港へ荷物を運んできますよ。>>私の持ってるフェリーの絵本は中の様子も描かれているので、「そっちの方がいい!」と思ってしまった作品。(ごめんなちゃい)

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    ご当地絵本(鹿児島県)。鹿児島からトカラ列島へのフェリーのおはなしです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

笠野裕一

1956年、宮崎県に生まれる。1980年、東京農業大学を卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品