声で読む日本の詩歌166 おーいぽぽんた

茨木のり子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834034691
ISBN 10 : 4834034690
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24

内容詳細

日本を代表する5人の詩人が、小学生に贈る、詩と短歌と俳句166編からなるアンソロジー。声に出して読み、暗唱できる詩歌。買切。

【著者紹介】
茨木のり子 : 1926年、大阪に生まれる。1953年、川崎洋氏と同人雑誌「櫂」を創刊。1955年に第一詩集『対話』(不知火社)を刊行後、現在まで多くの著書がある。詩集に『茨木のり子詩集』〈現代詩文庫20〉(思潮社)『自分の感受性くらい』(花神社)『倚りかからず』(筑摩書房)、エッセイ集に『言の葉さやげ』(花神社)『詩のこころを読む』(岩波ジュニア新書)などがある

大岡信 : 1931年、静岡県三島市に生まれる。1956年に第一詩集『記憶と現在』(ユリイカ)を刊行。以来、数多くの著書がある。詩集に『大岡信詩集』(思潮社)『故郷の水へのメッセージ』『地上楽園の午後』以上、花神社)、評論集に『現代詩試論』(ユリイカ)評伝に『紀貫之』(筑摩書房)などがあるほか、詞華集『折々のうた〔1〜7〕』『新折々のうた〔1〜〕』(以上、岩波新書)がある

川崎洋 : 1930年、東京に生まれる。1953年、茨木のり子氏と同人誌『櫂』を創刊。1955年に第一詩集『はくちょう』(ユリイカ)を刊行。『象』(思潮社)『縄文杉之記』(書肆山田)『ビスケットの空カン』(思潮社)などの詩集のほかに、エッセイ集『ことばの力』(岩波ジュニア新書)『方言の息づかい』(草思社)がある。絵本、童話、ラジオ・テレビの台本、映画シナリオの仕事も多数

岸田衿子 : 東京に生まれる。詩集に『あかるい日の歌』『ソナチネの木』(以上、青土社)、エッセイ集に『草色の切符を買って』(青土社)などがある。そのほかに、子ども向きの絵本を多数手がけ、『スガンさんのやぎ』(偕成社)『かばくん』『このゆきだるまだーれ』『野の花の道』(以上、福音館書店)、詩の絵本に『どうぶつはいくあそび』(のら書店)、『木いちごつみ』(福音館書店)などがある

谷川俊太郎 : 1931年、東京に生まれる。1952年に詩集『二十億光年の孤独』を刊行以来、詩、エッセイ、絵本、童話、翻訳など多くの仕事を手がけて現在にいたる。詩集に『谷川俊太郎詩集』『定義』『世間知ラズ』(以上、思潮社)、エッセイ集に『散文』(晶文社)、絵本に『わたし』『めのまどあけろ』、詩の絵本に『ことばあそびうた』『ことばあそびうた・また』(以上、福音館書店)などがある

柚木沙弥郎 : 1922年、東京に生まれる。これまで型染めによる作品を発表してきた。服地、壁掛けなど、布地への型染のほか、染紙、壁紙、ポスター、カレンダー、絵はがきなど、多岐にわたる制作活動をしてきた。著書、画集に『柚木沙弥郎作品集』『宮沢賢治遠景』『旅の歓び』(以上、用美社)、絵本に『つきよのおんがくかい』『魔法のことば』(以上、福音館書店)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ochatomo さん

    題名は川崎洋さんの詩「たんぽぽ」から 坂田寛夫さんの「ねこふんじゃった」原詩など、小学生が声に出して読み暗唱できる166の詩・俳句・短歌のアンソロジー 柚木沙弥郎さんの型染っぽい絵が添えられ安らげる単行本 1編が短いので絵本と同じ感覚で楽しめる 大人も手に取りたい 2001刊

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    教育出版国語 6年生 【平成27年度教科書掲載本 令和2年度教科書掲載本】 6年生ブックトーク授業。教科書のおすすめ本に掲載されていましたが、今回はリストから外しました。

  • morgen さん

    意味がわからない詩や和歌もあったが、懐かしいものも多く、一気に読んでしまった。どこかで見たことある感じの絵だと思ったら、以前、葉山の美術館の企画展で見た柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんのものだった。

  • Yuko さん

    柚木さんの挿画を観たくて図書館から借りたが、錚々たる編集委員の選詩がとにかく素晴らしい。斎藤孝さんの「声に出して読みたい日本語」シリーズの前に、こんなに素敵なシリーズがあったとは思ったらどちらも2001年でした。 時を経てようやく良さがわかる詩歌の数々。情景がたちあがり、詠み人の心の動きや哀楽が鮮やかに迫ってくる。一回読んでおしまいにするにはあまりにもったいない。心の中で、声に出して、一人で、子どもと、と何度でも味わいたい一冊。 編集委員全員のあとがきも心に響く。柚木さんの挿画もとても良かった。

  • のん@絵本と童話専門 さん

    1か月以上かけて、少しずつ読み進めています。音読の宿題もこちらを読んで。茨木のり子、大岡信、川崎洋、岸田衿子、谷川俊太郎、5人の巨匠たちが編纂した小学生向けの詩集です。意味は分からなくてもいいから、繰り返し声に出して覚えてほしい、と。詩を暗記するという考え自体は今まで頭にもなかったので、新しい視点でした。こちらの特徴は、短歌や俳句まで入っていることでしょうか。万葉集、古今集、柿本人麻呂といった古の詩人たちの千年以上もの時を越えて今に伝わる歌もたくさん入っています!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品