世界「失敗」製品図鑑 「攻めた失敗」20例でわかる成功への近道

荒木博行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784296000395
ISBN 10 : 429600039X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • trazom さん

    これはいい本だ。IT、ゲーム、車、飲料など、失敗に終わった製品の多様な事例が紹介されているが、事象の説明は簡潔明瞭、著者の分析も的確で、とてもいいケーススタディになる。失敗の事例以上に、失敗後どうしたかが興味深い。反省や教訓という意味ではなく、失敗を通じて得られた知見やノウハウを、次の新しい製品・ビジネスの原動力にできるかどうかで企業の価値が決まるのかもしれない。本書には、GAFAの4社すべて、見事に無残な失敗例が紹介されているが、「攻めた失敗」「意図のある失敗」だったからこそ、今日の繁栄があるのだろう。

  • ジュール リブレ さん

    一瞬聞いたことがあっていつの間にか消えてしまった製品のお話。どうして失敗したのか(ヒトの不幸は蜜の味)、そこからどんなリカバリーをしたのか(辛酸を舐めたヒトも沢山)、そこからの学びは(他山の石)を淡々と綴った一冊。ビジネス書の棚に並びそうだけど、いろんな読み方ができそうな感じ。アメリカと日本の失敗の違いも国民性が出ているようで面白い。

  • よっち さん

    アップル、グーグル、アマゾン、任天堂、ソニー、トヨタ…グローバル企業20社の「失敗」事例がなぜ起きたのか、何が問題だったのかをイラストと共に解説する一冊。分かりやすい事例で言えばゲーム機における任天堂のWiiUやセガのドリームキャスト、ソニーのAIBOや近年のセブンイレブンのセブンペイなど、企業の論理で独善的だったり、運やタイミングが悪かったり、時の流れが見えていなかったり、失敗した理由を結果から分析していることもあって奥が深いですね。その失敗をしっかり成功に繋げているケースもあって、興味深く読めました。

  • ken さん

    新規事業はなぜうまくいかないのか。世界各国の大企業を中心に実際の事例を取り上げる。後から見ればそれは確かに、と思えるようなことも現場では概して見落とされている。学ぶことは多い。

  • tkokon さん

    【「見切り」と「次につなげる」○アマゾンファイアフォン:3か月、フェースブックホーム:4か月、クイックスター:0か月(ローンチ前)。鳴り物入り事業の開始から撤退までの期間。見切りがとにかく速い(グーグルプラス:7年や、ウィンドウズフォン:9年等、じわじわ負け戦という例もあり)。○経営者の決断力もあるが、新事業への会社の「向き合い方の正しさ」も一因。妙な面子も絡んでいないし、社運もかけていない。○本書の例の多くはその後の大成功の礎となる「次につながる」失敗だ。●見切りも次につなげるのもすべては向き合い方

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品