菊地成孔 / 大谷能生

人物・団体ページへ

M/D マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究 下 河出文庫

菊地成孔 / 大谷能生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309411064
ISBN 10 : 4309411061
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
533p;15

商品説明

最盛期マイルス・デイヴィスの活動から沈黙の六年、そして晩年まで 『憂鬱と官能』コンビによる東京大学講義はいよいよ熱気を帯びる! 
没後二十年を迎えるジャズ界最大の人物に迫る名著、待望の文庫化。

内容詳細

ジャズの帝王=マイルス・デイヴィスの生涯を論じる東京大学講義はいよいよ熱気を帯びる!下巻はエレクトリック期から沈黙の六年、そして晩年まで。

目次 : 第4章 電化、磁化、神格化―1966‐1976(アコースティックからエレクトリックへ/ さらなる電化/磁化への道程/ エレクトリック・マイルスの構造分析/ 『オン・ザ・コーナー』から引退まで)/ 第5章 帝王の帰還―復帰‐1991(帝王のいない六年/ 八〇年代の感傷的な速度/ 帝王の退場、二〇世紀の終わり)

【著者紹介】
菊地成孔 : 1963年、千葉県生まれ。音楽家、文筆家。ジャズに軸足を置きながら、ジャンルレスな音楽・執筆活動を展開

大谷能生 : 1972年、青森県生まれ。批評家、音楽家。sim、masなどのバンドに参加し、日本のインディペンデントな音楽シーンにて積極的な活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fishdeleuze さん

    菊地=大谷コンビの論考はどれもスピード感がある。マイルス・デイヴィス研究は,『憂鬱と官能…』や『東京大学…』シリーズで扱い切れないので別に書かれたものだが,一連の著作の延長にあるといってもいいだろう。下巻は電化マイルスから晩年まで。60年代クインテットから電化へ至る流れや,菊地曰く「マイルス発狂記」の日常,1975年から5年間の沈黙,そして再起。音楽史的にはKind of Blueなのだろうが,個人的にはIn a Silent WayにはじまりGet Up With Itまでの一連の作品に愛着をおぼえる。

  • Takuo Iwamaru さん

    現時点で僕がいちばん好きなマイルスの曲は、アルバム「パンゲア」のディスク1に収録の「ジンバブウェ」の「冒頭約15〜20分」(笑)(「ジンバブウェ」は41分の曲です)。初めて聞いたとき、凄すぎて本当に声に出して「あはははははは」と笑ってしまったのを覚えています。あぶないやつです。さらに興奮のあまりCD聞き終えた後に、親しくしていただいているジャズバーのマスターにいきなり電話をかけて「いまパンゲア聞きました」的なことをしゃべっちゃいまして、迷惑なやつです。今聞いてもやっぱり凄すぎて笑ってしまいます。

  • 引用 さん

    ケイ赤城インタビューが一番面白い

  • CCC さん

    キーワードは『アンビヴァレンス』。停留しない人だとは思っていたけど、ここまで不安定な人だったとは。マイルスは触りくらいしか聞いてないけれど、面白い講義だった。勉強嫌いだし大学も行ってないけど、こういう話だったらいくらでも聞いてみたい。

  • s さん

    後編。エレクトリック期を経て晩年まで。スターへの憧れ、飽きっぽさ。神話を解体しつつも、Milesのユニークさが際立つ。先端を走っていたわけではないのに、個人史と音楽史が一致し、振り返ると歴史を作ってきたように見える不思議な存在。上下巻で千ページ超を持ってしても、まだまだ全然語り切れていない感じが残る破格さ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

菊地成孔 / 大谷能生に関連するトピックス

  • ジャズ本 No.1 【M / D】 菊地成孔/大谷能生の東京大学における伝説の講義、ついに文庫化。上巻は誕生からエレクトリック期前夜まで。文庫オリジナル... HMV&BOOKS online|2012年01月13日 (金) 17:30
    ジャズ本 No.1 【M / D】

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド