オバケのQ太郎 2: 藤子 F 不二雄大全集

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091434074
ISBN 10 : 409143407X
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,461p

商品説明

「ドラえもん」を筆頭に「オバケのQ太郎」「パーマン」「キテレツ大百科」など数多くの名作、傑作を生み出してきた藤子・F・不二雄先生の作品をじっくりたっぷり楽しめる愛蔵版まんが全集。

●やっぱりかわいいQちゃんに話題集中!!●
ぼくはオバケのQ太郎!!

【収録作品】
ネプチャ王子(64年50号)
魔法のやかん(64年51号)
戦争はおわったのに(別冊64年12月号)
カゼきらい!(64年52号)
ニコニコ運動(65年01号)
おれは山男(65年02号)
イヌに強くなろう(65年03+04号)
バイオリンで倒せ!(増刊65年正月号)
為左衛門の秘宝(別冊65年1月号)
カチカチ山の決闘(65年05号)
むだづかいしよう(65年06号)
正義の味方モシモ仮面(65年07号)
8ミリ超大作(65年08号)
オバQカー(65年09号)
決戦オバQとりで(65年10号)
ナイババと四人の盗ぞく(65年11号)
テレ助くん(65年12号)
春だ!!つりに行こう!!(65年13号)
ヒマラヤの雪男(増刊65年春号)
ぼくのコレクション(別冊65年4月号)
あこがれのラーメン(65年14号)
ニューモードを着よう(65年15号)
★Qちゃんの「美容教師」(65年16号)
いたずらチャンピオン(65年17号)
歌手になりたい(別冊65年5月号)
★Qちゃん頭の毛を、よこせ(65年18号)
オバケのおじさん(65年19号)
あつかましいやつ(65年20号)
潮干狩り(65年21号)
うそつきはだれだ(65年22号)
ゆうれい村(別冊65年6月号)

★は初めて単行本に収録される作品です。

内容詳細

「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「パーマン」など数多くの名作、傑作を生み出してきた藤子・F・不二雄の作品をじっくり楽しめる愛蔵版まんが全集。本巻は「少年サンデー」掲載の「オバケのQ太郎」を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
平成生まれですが普通に面白いです。一話完...

投稿日:2021/06/27 (日)

平成生まれですが普通に面白いです。一話完結ですがほんとうに愉快で奇想天外なアイデアの宝庫で、藤子先生さすが!!です。オバQといえば小池さん、の自分としてはラーメンにまつわる話はやはり最高で、レアキャラ?の奥さんが出てくる話は皆さん必見ですよ!!

小笠 さん | 茨城県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鈴木エイトそっくりおじさん・寺 さん

    少年サンデー版。まだ2巻なので、いかにもエスカレートする前の雰囲気である。少年時代にたしかに読んだ記憶がある話もあって懐かしかった。よしもとばななが解説を書いており、驚いたのは、藤子F先生が亡くなった時に左肩にQ太郎のタトゥーを入れたそうだ。人間つくづく人それぞれだ。

  • ぐうぐう さん

    『オバQ』は長らく入手困難な漫画であったわけで、つまりは大人になって『オバQ』を読み返す機会はなかったわけだ。なのに、ここに収録されているエピソードの、どの回もよく覚えていること! 特に「むだづかいしよう」で、お金の使い道に困った男から一千万円を使い切るお手伝いをQちゃんと正ちゃんがするエピソードは鮮明に覚えていた。子供の頃、この回を読んで「ボクなら、あれも買ってこれも買って……でも、それでも一万円も使えないや」と、Qちゃんと同じ心境になったもんだ。さすがに今なら悩まず一千万円使い切れますけどね(笑)。

  • 速水こもみち さん

    ラーメン小池さんに奥さんがいたことと、よしもとばななさんの左肩にはQちゃんの入れ墨がはいっていることが驚きでした。

  • ホームズ さん

    Qちゃんって基本的に人のために一生懸命頑張ってるんですね〜(笑)ちょっとやり方とかが間違っちゃってるだけで(笑)正ちゃんとの友情や家族の愛情とか良いですね(笑)まさか小池さんがメインになる話があるとは(笑)やっぱりオバQが読めるこの大全集良いです(笑)脇役のキャラクターにいろんな漫画家さんの特徴が出ているのもいいですね(笑)

  • チューリップ さん

    基本はギャグだけどホロリとくるような良い話系のもあって結構バリエーションあるのが面白い。子供向けだから描写もマイルドで個人的にはそんな部分も好き。解説はよしもとばななでそういうえばQ太郎好きだもんなあと思いだした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド