パーマン 5 藤子・F・不二雄大全集

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091434197
ISBN 10 : 4091434193
フォーマット
出版社
発行年月
2010年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,290p

内容詳細

「ドラえもん」「オバケのQ太郎」など数多くの名作、傑作を生み出してきた藤子・F・不二雄の作品をじっくり楽しめる愛蔵版まんが全集。本巻は「小学館コミックス」掲載の「パーマン」を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
5巻はF全集のわりに薄いですねえー(笑)。か...

投稿日:2021/06/29 (火)

5巻はF全集のわりに薄いですねえー(笑)。かといって内容が薄いというわけではなく、傑作の宝庫なのですぐさま買っていただきたい。個人的にはタイトルを見ただけでシーンが浮かぶようなお気に入りの話ばかりです。パーマンが世界の危機を救う!!

小笠 さん | 茨城県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 夜勤終わった寝る寝る寝る寺 さん

    小学生時代以来の再読。懐かしいし面白い。私にとっては最高のヒーローはパーマンかも知れない。格好良くて可愛い。島本和彦の解説もナイス。

  • ぐうぐう さん

    いわゆる超人としての特殊能力を持つパーマンは、この5巻に収録されているエピソードのように、水爆というリアルな兵器すらとも対峙する存在としてある。と同時に、嫌なお客を家に入らせないためというささやかすぎる問題にも、その能力を使ったりする。この不思議と日常の隣り合わせな親近感こそ、藤子漫画の真髄なのだ。

  • ホームズ さん

    みつお君もがんばってますね〜(笑)パーマンとして活躍しながらみんなに認めてもらえない悩みは毎度(笑)2号が西遊記に影響されているのが面白かった(笑)巻末資料のパーマンの正体も良かった(笑)

  • チューリップ さん

    エイプリルフールに色んな人に嘘をつかれてそれを信じてしまったり逆に本当の事なのにこれは嘘だ!って疑ってしまうパーマンが面白かった。巻末のおまけで郵便番号導入の漫画があって時代を感じた。あとパー子の正体は匂わせるだけで本編では明かされていなかったんだとびっくりした。

  • 印度 洋一郎 さん

    一話のページ数の多いエピソードを収録。ストーリーをじっくり描くので、読み応えのある話が多い。爆発寸前の水爆を大気圏外に放り投げる「水爆とお月さま」、ヒマラヤで人食い雪男の一族と戦う「エベレスト決死行」といったスケールの大きな話や、人間を発狂させる犯罪者が出てくるサスペンスフルな「狂わせ屋」などが面白い。”お母さんに嫌われる”という子供にとって恐ろしい感情をテーマに、親子の情愛とミツ夫のヒーローらしさ(人を助けるために自分が犠牲になろうとする)が光る「母恋いパーマン」も秀作。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド