ドラえもん 12 てんとう虫コミックス

藤子・F・不二雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091401021
ISBN 10 : 4091401023
フォーマット
出版社
発行年月
1976年11月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18cm,189p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショートショートのような4ページものから...

投稿日:2021/07/12 (月)

ショートショートのような4ページものからシリアスな話まで、様々なオハナシが詰まっています。元高角三さんの話とか、のび太が珍しく人助け的な事をしていて爽やかな気分になれますね。某宮崎アニメ的な世界観の実験作「ゆうれい城に引っ越し」も必見です!!

小笠 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
「わすれ鳥」は凄くシンプルなオチなんだけ...

投稿日:2010/08/14 (土)

「わすれ鳥」は凄くシンプルなオチなんだけれど面白い。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    「ベロ相うらない大当たり!」元高角三氏は結果的に文学賞獲って成功するけど、売れなてくてもしあわせって言うあたりが考えさせられる。「わすれ鳥」忘れないようにやったことそのものを忘れる。「よかん虫」まきぞえにされて怒るドラえもん。「正義のみかたセルフ仮面」ほんとにパッとしないね。「ゆうれいの干物」勝手に自分のものでもない空き家を、別荘にはできんわな。「ドンブラ粉」泳げる道具使っても結局溺れる。「あいあいパラソル」オチの絵面最高。「けん銃王コンテスト」のび太が射撃の名手設定初登場。銃絡みだとのび太がカッコイイ。

  • わたー さん

    ★★★★★ドンブラ粉と翻訳こんにゃくはこれが初出だったんだなとしみじみ。特に翻訳こんにゃくは映画ドラでも大活躍だし。

  • りょうこ さん

    「けんじゅう王コンテスト」では、くうき砲の原型らしき道具がでてきました。最後のお話の「ゆうれい城へひっこし」は中編アニメで昔テレビで見たような…ホンヤクこんにゃくが初出です。

  • タク さん

    翻訳こんにゃくはここで初出/「大空中戦」の回とか見てると、藤子さん地味だけどコマ割り巧い/野比家は借家とか色々設定があるけど、藤子さんはあんまり把握しきれてれてない/ロッテは可愛いなあ

  • むきめい(規制) さん

    翻訳こんにゃく欲しいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

藤子・F・不二雄に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品