モジャ公〔f全集〕 藤子・F・不二雄大全集

藤子・F・不二雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091434821
ISBN 10 : 4091434827
フォーマット
出版社
発行年月
2012年01月
日本

内容詳細

「ドラえもん」「オバケのQ太郎」など数多くの名作、傑作を生み出してきた藤子・F・不二雄の作品をじっくり楽しめる愛蔵版まんが全集。本巻は「週刊ぼくらマガジン」などに掲載された「モジャ公」を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
藤子F先生の全集が、次々と入手困難になっ...

投稿日:2021/06/22 (火)

藤子F先生の全集が、次々と入手困難になってることに戦慄を覚える。さすがに名作「モジャ公」は手に入るようですが。昔の愛蔵版(平成元年)も持ってますが、全話収録に惹かれて購入。いやはやナンセンスで愉快痛快、何度読んでもすばらしいギャグマンガである。

小笠 さん | 茨城県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Y2K☮ さん

    「ガンダム」や「イデオン」と同じく、子ども相手でもいい意味で手を抜かず、それゆえにリアルタイムで人気の出なかった傑作か。純粋なSFとして十分楽しめるけどなと思いつつ読み進めたが、宇多丸氏の解説を読んで「おお心の代弁者」と感激した。そうそう、コイツら全員やる気ないんだ。平気で嘘をつくし欲に弱いし、自分が助かる為なら仲間を見捨てる。でもね、面の皮一枚めくったら俺らも皆そうでしょ。それでも仕方なくどうにか踏み止まるんでしょ。やるしかないって。それが大概の日常でしょ。コイツらも一緒。だから信じられる。大切な一冊。

  • マリリン さん

    〆切本の作品を読み、不思議だけど惹きつけられるものを感じ読んだ。特にこの作品はSF色が強いので、大人が読んでも充分楽しめるし、微妙な線一本で描く表情の変化が魅力的。宇宙へ家出する空夫達。...行く先ざきでもろくな目にあわないが、そんな経験をとおして人間として成長していく...という感性豊かな子供時代に読んだら元気になれるような言葉も登場。...人間あきらめると水のようにすみきった心になるものだ...禅や瞑想に通じる言葉だ。「地球最後の星 結末篇」のあべこべ星・木が人をうえる星・ふしぎな水は発想が面白い。

  • 本木英朗 さん

    『モジャ公』である。俺は小学生のころに、従兄の家で何回も読んでいたが、果たして今の俺にはどう映るのか?という感じで読んでみた。モジャ公・ドンモ・空夫という3人が、様々な惑星を旅しながら、最後(ではないが)に地球に帰ってくる、ってところが凄かったかなあ。まあ、あとは各自読めばいいのさ。また最後の最後で、モナさんという女性も出てくるってところもお忘れなく! 大満足でした。またいつか読もうっと。

  • 花林糖 さん

    『週刊ぼくらマガジン』1969年~1970年掲載、『たのしい幼稚園』1970年掲載。モジャ公が「たのしい幼稚園」で連載していたとはビックリです。子供の頃にコミック本で読んでいた時に印象的だった「天国よいとこ(シャングリラ星)」が一番面白かった。

  • ホームズ さん

    ちゃんと見たことがないけど昔アニメをやっていたのとは内容が違う気がする(笑)ギャグ漫画って書いてありすが内容は単に笑えるという感じでもなかった(笑)これは面白かったです(笑)オットー氏がドラえもんに登場した宇宙人にそっくり(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

藤子・F・不二雄に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品