わたしのもう一つの国 ブラジル、娘とふたり旅

角野栄子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591167953
ISBN 10 : 459116795X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
166p;20

内容詳細

おばけのアッチ、魔女の宅急便を生んだ作家の心熱くなるエッセイ。

目次 : 1 旅の前のがまんの旅/ 2 おお、フェルナンド氏/ 3 思い出通り/ 4 食いしんぼうのブラジル/ 5 三つの首都/ 6 ニワトリの鳴く農場/ 7 絵かきのウェズレイ/ 8 帰国

【著者紹介】
角野栄子 : 東京・深川生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て24歳からブラジルに2年滞在。その体験をもとに描いた『ルイジンニョ少年ブラジルをたずねて』で、1970年作家デビュー。代表作『魔女の宅急便』は舞台化、アニメーション・実写映画化された。産経児童出版文化賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞等受賞多数。紫綬褒章、旭日小綬章を受賞。2018年3月、児童文学の「小さなノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞。日本人としては3人目となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
30年以上前に出版された本を改めて発行した...

投稿日:2021/03/09 (火)

30年以上前に出版された本を改めて発行した本です。魔女の宅急便などで知られる作家、角野栄子さんのエッセイです。読んでいると、自分までタイムスリップをして、ブラジルを巡ってきたような心地がします。娘さんとのブラジル旅が、ホントに楽しそうです。娘さんの感性も面白く、二人の会話が楽しいです。本の挿絵は、角野のさんの娘、りおさんが描いていて素敵です。

はれ さん | 島根県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美登利 さん

    魔女の宅急便の角野さん。結婚と同時にブラジルで数年働き、その後娘さんを産んで自由時間が取れるようになってから、再度ブラジルの地を2人で旅したエッセイです。娘さんが凄くしっかりしてる!だけど凄く古い話なので、なぜ今これが新装されて出たのかよく分からない。40年近く経ってブラジルの情勢ももちろん日本も変わってしまった。娘さんとの共著ってことだからかな、で良いのかしらね。

  • シャコタンブルー さん

    著者が2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞したのは記憶している。代表作の魔女の宅急便の原作は読んでいないが、映画は面白かった。この本は40年前に刊行された本に加筆して出版したものだが、何故!?今そんな昔の旅の話をという疑念は最後まで残ってしまった。旅のワクワク感ハラハラ感があまり伝わってこなかった。当時40代の角野さんと中学生の娘のリオさんの女二人旅ならではの波乱万丈の旅の期待感を求めすぎたかも知れない。

  • Acha さん

    童話を読まなくなって久しいが、角野さんのぽんぽんとリズミカルな文章、その柔らかさ、心浮き立つ人や街の描写の数々を読んで、子ども時代に戻ったような楽しい読書。なんと言っても40年も前の作品なのだ。牧歌的だが古びてはいない、素敵な童話の存在そのもの。そういえば角野さんの作品はキャラだち多いな、と気づく。こんなにも人が好きだからなのか。いいなーブラジル。また行きたい!

  • 本の妖精@バレリーナになる🩰 さん

    コロナも収まってきて、旅に出たくなって読んでみました。 魔女の宅急便の作者が贈るお話です。ブラジルに行ってみたい!きっと素敵な出会いがありそう!

  • kokekko さん

    過去二年間ブラジルに住んでいた角野栄子さんが、80年代に中学生のお嬢さんと一緒にブラジルを旅した時のエッセイ。いま私たちは自由に旅のできない一つの地球に住んでいる。こんな断絶があらわれるとは思っていなかったから、なおさら旅が恋しい。そういう時にこういう本が存在してくれる幸せをかみしめた。おいしいビタミーナが飲みたいので、近々手持ちのフードプロセッサーで作ってみます。オブリガード。たくさんオブリガード。挿絵入り。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角野栄子

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。その後、童話を書き始め、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品