進撃の巨人 28 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065148693
ISBN 10 : 4065148693
フォーマット
出版社
発売日
2019年04月09日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

王家の血を引くジークを迎え入れ「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。その事態に一部の兵士や民衆が不満を溜める中、ついにエレンが単独行動を起こす。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
必ずそうなった理由があるというように、ジ...

投稿日:2021/04/22 (木)

必ずそうなった理由があるというように、ジークにもやはり過去がある。エレンの真意が本当に分からなくなってくる。

くろあちあ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
リヴァイはいつも苦しい選択迫られているが...

投稿日:2021/04/09 (金)

リヴァイはいつも苦しい選択迫られているが、今回は特にすごい。ここまで大きくした話、きれいに終われるだろうか

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】 さん

    【オレは…ガキの頃からずっと、ミカサ、お前がずっと嫌いだった(エレン)】第28巻。イェーガー派≠フ登場によりまた仲間内で争う事態に。サシャを殺したガビがニコロと接触したらどうなるかは予想通りだったな。この出来事でガビの思想にも何らかの影響があればいいが。エレン、めっちゃもう悪役キャラみたいになっているやんけ。ミカサやアルミンとの関係を壊すことをぶっちゃけるし。それともワザとアンチヒーローになろうとしているのか?個人的にはジークの過去が胸に刺さった。彼はただ両親に愛されたかっただけなのに……。

  • 海猫 さん

    今回は特に情報量が多く、本が分厚いように思えてきた。作品の中で提示される価値観が多様で、多様な立場から世界が描かれる。その上に価値観を揺さぶる展開が次々と畳み込まれ、常に何かを問われているような気がした。立ちすくむような気持ちになるし、何にすがるのが正しいのか?今思えば前半の壁の中メインの展開は、シンプルでわかりやすい世界だっだんだなと。

  • むっきゅー さん

    エレンはジークとじっくり話し合うことによって、多くの真実を得たもよう。その結果、調査兵団と袂をわかち「イェーガー派」なるものが台頭する。エレンが得た真実と真の目的は不明。一方、アッカーマン一族の秘密は明らかになった。そういうことか。後半は、幼い頃のジークと両親の関係と、明かされるジークの真の目的。ストーリーが核心に迫ってきた。次巻に期待ですね。

  • ゼロ さん

    ガビがサシャを殺したことはバレる。人種なんて関係なく、ただ料理を美味しいと言ってくれるだけで通じ合えることもある。大人になれば分かることだが、ガビは子供で、純粋な子なだけに周りの声を耳にする余裕はない。ただただ悲しい啀み合い。またエレンは、自由になりたい…と口にするが、それはミカサ達と決別することなのか。未だに本音を語らず、ボカして喋っているので焦れったい。最後にリヴァイが仲間を殺してでも、ジークに自白させる。突き進んだ修羅場の数が違う。しかし、ジークにもやるべき信念がある。混沌な展開はまだまだ続く。

  • グレ さん

    彼女ば射殺(嗚呼…)した盲信兵と、彼女を亡くした恋人、かつて彼女に命を救われた孤児・・・決して出会ってはいけない人々が一堂に会し、そして、止せばいいのに射撃の戦果を滔々と彼に述べる愚か娘……。マーレ食堂での騒動も衝撃的だったが、我らが主人公の変わり身にも驚愕!! ミカサを泣かすなんて。。。一方、リヴァイ班で監視中の兄貴の真の目的とは!?!? あまりの急展開に当惑しながら英語版で読みました。euthanize=安楽死。demise=消滅、終了、逝去・崩御。エレンはもう、元のエレンに戻ってはくれないのか!??

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品