進撃の巨人 5 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063845136
ISBN 10 : 4063845133
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

巨人化したエレンの活躍により、人類はウォール・ローゼのトロスト区奪還に成功する。成功と同時に意識を失ったエレンが目を覚ますと、そこには調査兵団団長、エルヴィン・スミスの姿が。エルヴィンは巨人の謎が眠るとされるエレンの生家への調査を決意。そのためにはエレンの力が必要だと言うが‥‥。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とてもシリアスな場面であればあるほど、小...

投稿日:2021/04/22 (木)

とてもシリアスな場面であればあるほど、小ボケを入れてくるギャグセンスが好き。少しずつ巨人の力の謎が明らかになるような、ならないような回。

くろあちあ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
調査兵団の個性的なメンバーが面白いが、そ...

投稿日:2021/04/09 (金)

調査兵団の個性的なメンバーが面白いが、それ以上に現実の苦しさが印象的だった。この作品は人間ドラマがいいと思った。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    出オチ的にだんだんと面白さの下がっていくタイプの漫画と見ていたらまだまだ作品の底は深いようで、新たな展開が興味深く続きが気になる。全編を覆う絶望感と見え隠れする希望には惹かれるものがある。巨人のキモさ恐怖感も改めて感じさせられた。絵のイビツさはこの作品の場合、プラスになっている部分が大きいが人物の描き分けはもっと改良していただきたい。今後ドラマチックに盛り上がることを期待しているだけに。

  • mitei さん

    段々とより陰鬱さをましてきたなぁ。

  • エンブレムT さん

    うわぁ、冒頭の登場人物紹介のページって、死亡すると×印が付けられていく仕様なのか〜。これって、登場人物がドンドン減っていくというフラグ?良い奴がサクッと命を落としてしまうというのは、創作された物語の中だとしても、やるせなくて嫌なんだけどなぁ・・・。新キャラが濃いのは面白くはあるけれど、彼らの変さ加減に戸惑いを隠せないエレンにはめっちゃ親近感が湧きました。ここにきてこの物語の世界観にはずいぶん慣れてきたような気はします。残酷な描写に対し、感覚がマヒしてきちゃってるだけだったら、ちょっと怖いような気もします。

  • がらは℃ さん

    変わり者ばかりの調査兵団へ、エレンが遂に入隊、そして出撃!同期のメンバーも、それぞれの想いを胸に調査兵団へ、、、。てっきり全員調査兵団を希望するかと思ったら、、、。しかしながら、良い意味でも悪い意味でも、安定した面白い漫画になってきたという印象かなあ。興味深い伏線を張りつつ、巻末には新たな巨人登場と目が離せない展開!けれども、ここまであったような、予想の斜め上を行く展開が無くなってきたのがやや残念かなあ。次巻に期待かなあ。

  • kanon さん

    色々と、隔離された人々のさらに内地の人たちの内政が分かってきましたね。やっぱりエレンを何も知らない人たちは怖いだろうな。それは分かるけれど、でも読者はエレンやみんなの頑張りを知ってるわけで、内地に住んでる人たちにはあまり良い印象を持たないだろうなと思う。でも実際に自分たちがこの世界の状況に立たされてみれば、そんな余裕も無くなるのではないだろうか。まあそれはそれで、調査兵団に正式に入隊です。単行本の後ろにある皆の背を向けた姿。一人いなくなったってことは一人脱落?あと良い加減に今回の巨人は気持ち悪かったw

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド