丹下健三都市論集 岩波文庫

豊川斎赫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003358528
ISBN 10 : 400335852X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
282p;15

内容詳細

敗戦の焼け野原から、来るべき日本の都市のグランドデザインをえがく。東京計画1960、東海道メガロポリス構想、大阪万博会場計画など、未来都市を可視化し、その実現構想を論じた丹下健三の都市論を精選する。壮大なスケールの計画の裏側に、透徹したリアリストの眼が光る。『丹下健三建築論集』の姉妹篇。

目次 : 1 都市の再建(建設をめぐる諸問題/ 明日の都市への展望/ 地域計画の理論その一 方法論)/ 2 東京改造計画(MobilityとStability(流動と安定)/ 技術と人間/ 東京計画―1960)/ 3 巨大都市の未来(日本列島の将来像/ 万国博会場計画―企画から計画へ/ 「東京・ニューヨーク都市問題シンポジウム」基調講演)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 不純文學交遊録 さん

    東京都庁舎で知られる世界的な建築家、丹下健三。悪しきハコモノ行政の代名詞のように思っていたが、NHKラジオアーカイブスで「都市の裏側は住民がつくる」と話す肉声を聴いて、改めて彼の都市計画に興味をもった。畑中章宏さんの『五輪と万博』を読んだことも大きい。臨海副都心計画の嚆矢といえる東京計画1960、東海道メガロポリス構想など、そのスケールの大きさに圧倒される。戦後日本の高度経済成長は、彼ぬきでは成し得なかっただろう。被爆地・広島市の復興計画で、地域ボス(ヤクザ?)との闘いがあったとの話がリアルだ。

  • フクロウ さん

    丹下健三の都市論集。都市計画は「公共」のためのものであり、代表例として(広島市内の)「水路」が挙げられる一方、日本においては常に「私権」、しかもその背後に「土地を投機の対象にしているような地廻りやボスの勢力」があることを看破しており、極めて鋭い。もっとも戦前・戦後と一貫して政治権力と近く、特に戦前の清算ができていたかは怪しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品