この商品の関連特集

新世紀エヴァンゲリオン 10 カドカワコミックスAエース

貞本義行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047138001
ISBN 10 : 4047138002
フォーマット
出版社
発行年月
2006年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
18cm,172p

商品説明

3人目の綾波?レイの秘密が明かされる!シンジを守ろうと使途とともに消滅してしまったはずの綾波が生きていた? 喜ぶシンジに綾波が口にした「3人目」の言葉の意味は……?

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シンジとカヲルが同じ部屋にいてもめている...

投稿日:2021/07/08 (木)

シンジとカヲルが同じ部屋にいてもめているが、そこでの人間について知りたいと考えているカヲルと静かにしてほしいシンジの対比は良かったと思う。エヴァンゲリオンの失敗作を見せるシーンは動画ではない分、よく見えてよかった

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゼロ さん

    表紙にもなっている綾波レイと赤木リツコに焦点を当ててる一冊。よく綾波は感情がない女の子として描かれていることが多いけれど、涙から始まる物語を見ていればわかることがある。感情がないのではなく、感情を知らないだけなのだ。好きも嫌いも知らないからこそ、言葉や行動には出ないだけで、心の奥底では感じているのだ。綾波を失った悲しさに落ち込むシンジと過呼吸を狙いキスしてくるカヲルはさておき、リツコもゲンドウにより心を壊されてしまっている。全てをめちゃくちゃにしたい気持ちを重ね、物語は核心へと進んでいくことになる。

  • 皐月 さん

    使徒アルミサエルにの侵蝕で寂しさやシンジへの愛に気づいたレイは、シンジを守るために自爆。ついにレイの秘密が明かされる。3人目のレイの出現、リツコがレイのスペアパーツを破壊

  • 扉のこちら側 さん

    2018年135冊め。再読。アニメ版のカヲルとはかなりの違いである。2番目のレイがこれほどまでに人間らしい感情を持っていたことに切なくなる。

  • mitei さん

    綾波の内面的な話しが出てきた。しかし斬新な展開だったろうな当時。

  • かにひろ さん

    なんで今までしっかり読んだりみたりしてなかったんだろう。こんなに心揺さぶられる作品だったのか。それぞれの過去が、つらい。綾波、母さん。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

貞本義行に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品