この商品の関連特集

新世紀エヴァンゲリオン 7 カドカワコミックスAエース

貞本義行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047134690
ISBN 10 : 4047134694
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
19cm,181p

商品説明

ついに彼女が目覚めた。初号機暴走――!!トウジの事でシンジはネルフを去る決意をするが、加持の説得で再び初号機に乗り込み、使徒と戦う。だが、その直後、初号機が暴走し――。待望の第7巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
加持が話した過去のことはシンジへのアドバ...

投稿日:2021/07/08 (木)

加持が話した過去のことはシンジへのアドバイスだけではなく、加持が自分を犠牲にする行動を取る理由の読者への暗示になっていると思った。さらにエヴァンゲリオンの正体や委員会との対立もよく分からないが興味を持った。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
A very nice read after watching the anim...

投稿日:2009/07/01 (水)

A very nice read after watching the anime series

canaan さん | SINGAPORE | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    加持さんお亡くなりになった。展開が暗いなぁ

  • yoshida さん

    「男の戦い」。シンジはエヴァのパイロットを辞める。そんな中、最強の第9使徒ゼルエルがアスカ、レイを倒しセントラルドグマに迫る。加持が弟を犠牲にして生き残った自分の過去をシンジに話す。間接的にトウジを殺したシンジ。本当はトウジを助けられた?再びエヴァに乗るシンジ。そして活動限界からの暴走でゼルエルを倒しS2機関を取り込む。この巻には印象に残る科白が多い。レイの「私が死んでも代わりはいるもの」。ミサトの「使徒を食ってる?」。初号機に取り込まれるシンジ。そして独りで自分を追い詰めてしまうアスカ。。

  • 皐月 さん

    トウジの事でシンジはネルフを去る決意をするが、加持の説得で再び初号機に乗り込み、使徒と戦う。アニメ版では語られなかった加地さんの過去が明らかに。何故彼がスパイになったのか。シンジしか受け付けない初号機の意志と覚醒と暴走、シンクロ率400を超え、シンジはエヴァに取り込まれる。使徒を捕食するエヴァがグロイ

  • ゼロ さん

    トウジの死を受け、シンジはエヴァに乗ることを拒否する。前回も拒否することはあったが、今回の拒否は違う。一人の人間を自ら殺してしまったという罪が生まれてしまった。伯父の家に戻ろうとしたところで、使途に襲われ、加地と遭遇し、壮絶な過去を聞かされる。「俺たちは二人とも幸せになってはいけない運命なんだよ。そしてシンジ君、君も同じだ」と言われたシンジ。葛木も加持ももシンジくんも原罪を背負い生きている。真実から目を背けてはいけないから、シンジは戦い、そしてエヴァに取り込まれてしまった。この先に救いはあるのだろうか。

  • 扉のこちら側 さん

    2018年127冊め。再読。加持によるセカンドインパクト時代のストリートチルドレン生活。最強の使徒ゼルエルとの闘い。両腕蛇腹は好きじゃないけど、腹部が丸っぽくなっているデザインが好き。初号機が覚醒し、全てはこれから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

貞本義行に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド