ピリカ、おかあさんへの旅 日本傑作絵本シリーズ

越智典子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834022148
ISBN 10 : 4834022145
フォーマット
出版社
発行年月
2006年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25×31cm,51p

内容詳細

自分がどこで生まれたかなんて、ふだんは思い出しもしなかった鮭のピリカは、呼ぶ声に導かれて故郷の川に帰っていく。そして、卵を産み終えたピリカは、一生を終えた。生命を育む自然の摂理を描く。

【著者紹介】
越智典子 : 1959年東京に生まれる。東京大学理学部生物学科卒業。出版社勤務を経て執筆活動に入る。絵本・童話作家、翻訳家。神奈川県在住

沢田としき : 1959年青森県に生まれる。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。絵本に『アフリカの音』(講談社/1996年日本絵本賞)、『てではなそう きらきら』(文=さとうけいこ、小学館/2002年日本絵本賞読者賞)など。絵本制作のほか、舞台美術、ジンベ(アフリカの打楽器)奏者としての演奏活動など、幅広い分野で活躍している。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たーちゃん さん

    鮭が産卵の為に故郷に戻るお話。これはまだ息子には難しいだろうと思いましたが、息子が選んでどうしても借りたいということなので借りてきました。自分で借りたいと言うだけあって最後まで真剣に聞いていました。子孫を残すために命がけで故郷に戻る鮭の一生に感動しました。

  • みつばちい さん

    鮭のピリカが大きな海から川へ出て、親になる一生を描いた絵本。中の絵がとてもきれいで言葉も研ぎ澄まされてとてもよい本。表紙の装丁のイメージと中の絵の印象が違う。表紙が少し子どもから敬遠されそうな雰囲気。海で群れで泳ぐ絵とかとても素敵だから、表紙変えたら良いのになーと思ってしまった。

  • けいこん さん

    図書館で司書さんのオススメ。環境に関する本をとお願いしたんだけど、どちらかというとシャケの生態を借りた生き物のドラマといった感じ。むしろ大人の方が感動するかも。 結構うるうるしました。良い本です。幼稚園年長くらいから大人まで。12分。

  • みつばちい さん

    四年の授業で読み聞かせ。鮭の一生を描く。多摩川の学習をしているので、よく聞いていた。

  • mntmt さん

    鮭の帰省本能。大きめの絵本で、鮭の絵は迫力があります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品