サヴァイヴ 新潮文庫

近藤史恵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101312637
ISBN 10 : 410131263X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
295p;16

内容詳細

団体戦略が勝敗を決する自転車ロードレースにおいて、協調性ゼロの天才ルーキー石尾。ベテラン赤城は彼の才能に嫉妬しながらも、一度は諦めたヨーロッパ進出の夢を彼に託した。その時、石尾が漕ぎ出した前代未聞の戦略とは―(「プロトンの中の孤独」)。エースの孤独、アシストの犠牲、ドーピングと故障への恐怖。『サクリファイス』シリーズに秘められた感涙必至の全六編。

【著者紹介】
近藤史恵 : 1969(昭和44)年大阪府生れ。’93(平成5)年『凍える島』で鮎川哲也賞を受賞し、作家デビュー。2008年『サクリファイス』で大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
サクリファイスシリーズ第3弾。この本はシ...

投稿日:2021/06/11 (金)

サクリファイスシリーズ第3弾。この本はシリーズの中で一番印象が薄いんですが、それは短編集だからなのでしょうね。でもキャラに愛着を持っているので、楽しく読めました。

sissy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あすなろ さん

    ただ孤独に貪欲にレースを走るーそんな石尾等を、サヴァイヴシリーズの時間軸を、様々に描く。もちろん、本シリーズの主人公である白石の最終章も良かった。リスボンの情景と彼の心情のミックス加減が印象的。それに加え、岩尾の描き方はその上を行く。彼を淡々とかつ秘めたる情熱を固い殻で描く近藤氏の筆致は三作目である本シリーズをまた更なる深みへと誘ってくれた。四作目にも誘われているので、またこの世界に浸ろう。

  • さーちゃん さん

    【サクリファイスシリーズ】3作目は短編集。『プロトンの中の孤独』は既読だったけれど、『サクリファイス』を読んだ後に読むとまた違う。すっかり石尾さんが好きになってしまったので、石尾さんが出てくるエピソードはどれも胸が苦しくなった。でもやっぱりかっこいいなぁ…としみじみ。どのエピソードも面白かったし、元プロ自転車ロードレースの選手の栗村修さんが書かれた解説もすごく良かった。次は『キアズマ』!!

  • 小梅 さん

    ツールが始まる前に、と「サクリファイス」「エデン」「サヴァイヴ」と続けて読みました。また「サクリファイス」から読みたくなってしまいました。

  • しんごろ さん

    『サクリファイス』のシリーズ第3弾!石尾 豪、これでもかというぐらい、なんて不器用なんだ。不器用だけど生き方は格好いい。正真正銘の漢だね。誓(ちかう) が、アシスト役が適材なのもわかった気がするし、伊庭には自転車に対する貪欲さを感じて、そして意外と優しい。赤城には、見習って学ぶことが多かった。それにしてもドーピングはスポーツの世界では永遠の課題だね。ドーピングするような弱い心を持たないように、鍛錬に鍛練を重ねて心を鍛えてほしいね。素敵なスピンオフ集でした。とにかく石尾がかっこよすぎです。

  • ううち さん

    サクリファイス、エデンを読んだのがだいぶ前だったので繋がりが分からなくなっていたけどやっぱりこのシリーズは面白い。アスリート精神のギリギリな所にゾクゾクする。 マイナースポーツだから、知名度を上げるためなら八百長でも!というのはどうかと思うけど、そんなやり方でもメジャーになれば選手たちがもっと楽になることもあるというのが何とも言い難い気持ちにさせられる。サクリファイスとエデンを再読しなくては。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

近藤史恵

1969年大阪府生まれ。93年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し作家デビュー。2008年『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

近藤史恵に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品