ニューヨークで考え中

近藤聡乃

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750514291
ISBN 10 : 4750514292
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
追加情報
:
160p;21

内容詳細

たんたんと、だんだんと、これが私のニューヨーク

ガイドブックを通して見るニューヨークは、輝いている。
私の目に映るニューヨークは……むしろ、すすけている!!?

近藤聡乃がお届けする、等身大のつれづれNYライフ

- - -

漫画をはじめ、絵画やアニメーション、エッセイなど幅広いジャンルで活動するアーティスト・近藤聡乃。2008年の秋に単身ニューヨークへわたり、初の海外一人暮らしをスタートさせました。
エネルギッシュな大都市の中でもまれながらも、少しずつ自分の居場所を築いてきた6年間。アパートでの暮らし、恋人や友人たちとの会話、レストランやカフェのメニュー、道行く人々のファッション……書き留めておかなければ、いずれ忘れてしまうふとした日々のあれこれを、見開き2ページ、一話完結のスタイルで描きます。現在進行形、等身大のニューヨークライフがここに!
著者初となるコミックエッセイ。

装幀:佐々木暁

[著者紹介]
近藤聡乃(こんどう・あきの)
1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(ともに青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』(エンターブレイン)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ニューヨークでの生活を楽しく謳歌している...

投稿日:2021/06/26 (土)

ニューヨークでの生活を楽しく謳歌しているというよりは、ちょっぴりビターな出来事も含めて淡々と生きている感じがリアルだなと思いました。暮らしてる場所が違えど、人と人の関わり合いの中で生きているという意味で共感できることが色々ありました。声の大きい人にイライラしてしまったり、ワイワイ楽しんでる人達に引いてしまったり・・・。 2、3巻も一緒に買ったので、これから読むのが楽しみです。

さまざん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
漫画『A子さんの恋人』作者のあきのさんコ...

投稿日:2021/06/13 (日)

漫画『A子さんの恋人』作者のあきのさんコミックエッセイ。素朴な日常が綴られている。エッセイのテンションが独特。それぞれのエピソードで、最後のコマの欄外に一言メッセージが書かれているのが地味にすき。字がお上手なので読みやすいと思いきや、そうでもなく。この類のエッセイにはある程度の下手さというか、個性的な字が案外似合うのかもしれない。

コレット さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2016年260冊め。チェルシーやアストリア等、私の好きな街でのエッセイなので大変おもしろく読めた。豆腐の発音とか「ナイスブーツ!」等あるある話もおもしろい。

  • コットン さん

    貴重なサイン本!海外あるある的あれこれが楽しい「お気に入りの靴」その1の話がお気に入り:一目で気に入って購入した靴を、信号待ちやエレベータの中やトイレの順番待ちに見知らぬにステキな靴と言われ、ますます気に入って大切にしているのが素敵です♪

  • Vakira さん

    聡乃さんのニューヨーク紀行。コミックVer。日本人の視点でニューヨークの生活を面白おかしく。「A子さんの恋人」のAって聡乃(あきの)さんだったか?ニューヨークの彼氏登場。きわどい描写や恋の悩みは登場しません。では何を考え中?ってツッコミみたくなります。まぁ 面白いので良しとする。

  • ぶんこ さん

    ニューヨーク在住の著者のエッセイ漫画でした。漫画で手書きというと老眼では辛いのですが、文字が手書きというの全く気づかず、というか普通に苦労せず読んでいたのでした。ツンツンととんがったニューヨーク生活ではなくて、30代女性の普通の毎日で、ただ日本ではなくてニューヨークだというだけ。そんな特別感のない感じが好ましい。可愛い人という印象です。日本の細部への気配り溢れる製品や、店員さんの応対を改めて知った思いです。続編も読みたいです。

  • したっぱ店員 さん

    この本の紹介ではなかったが、朝日新聞書評でお名前を知り気になって購入。シンプルなさらっとしたタッチで描かれるニューヨークの日常生活。読んでいて心地いい。「人に褒められるブーツ」の絵が素敵なので私も買いたいなー。他の作品も買おう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

近藤聡乃

1980年、千葉県生まれ。2003年、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。現在ニューヨーク在住。2000年のマンガ家デビュー以来、アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品