週刊プレイボーイ編集部

人物・団体ページへ

週刊プレイボーイ 2020年 6月 1日号【表紙:沢口愛華】

週刊プレイボーイ編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
206710620
フォーマット
出版社
発売日
2020年05月18日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:

内容詳細

・令和のグラビア女王"沢口愛華が表紙&巻頭グラビアに登場! さらに、この号には地元・愛知で撮影された38分の映像を収録したDVDも付いてくる!


・本号から、スペシャルグラビアシリーズ「ALL Selfie From SWEET HOMEーグラドルは、時と場所を選ばない。」が、スタートする。

これは、人気グラビアイドルたちによる自撮りグラビアを一挙に掲載した特別企画。第一回目となる今回は、似鳥沙也加、星名美津紀、志田音々、清水あいり、上田操、倉持由香の6名が参加し、各自3ページに渡り掲載されている。

「通常であれば日々、さまざまな場所へ撮影に出かけるグラビアアイドルたちですが、コロナ禍の下、ステイホームを余儀なくされています。でも、そんな限られた状況だからこそ、グラビアアイドルたちの表現力とグラビアへの情熱が示されるのではないかと、自撮りグラビアを依頼しました」(担当編集者、以下同)

グラビアの内容は、ベッドでくつろいだり、バスタブに浸かったり、あるいはキッチンで調理したり。プライベート感が溢れる中、思い思いの表情を浮かべ、ポーズを決めている。

「すべて自宅で撮影していただいています。なのでベッドもバスタブも正真正銘、本人の家のものです(笑)。普段のグラビアとはまた違ったリラックスした表情や、自宅だからできる大胆なポーズは必見です。

また普段インスタグラムなどにあげる時は、本人によるキメカットを厳選することが多いと思うんですけど、今回は写真をたくさん送ってもらいーー中にはには100枚以上くれた方もいますーーその中からセレクトし掲載しました。プライベート感に加え、本人セレクトではない、読者が見たい彼女たちの姿も出ているはずです」

特に驚くのは写真のクオリティ。ライティングやアングルなど、自撮りではなく、通常のグラビアと間違えそうなものも多い。

「編集していて、自分も確かにそう思いました(笑)。女のコの中には、スマホではなく一眼レフカメラのシャッターをリモートで切ったり、自撮り棒を股に挟んで誰かに頼んだかのように撮ったり、皆さんそれぞれ工夫を凝らしてくれています。その辺、タレントさんの個性が出ますよね。もちろん自撮りに慣れていない人もいます。それはそれで初々しさが出ています」

誌面にはアンケートや本人によるコメントも掲載。より彼女たちの現在が伝わってくる内容となっている。

「家で何をしているのか? 何か買い物をしたか? などさまざまなことを聞いています。また現在の24時間の過ごし方を、円グラフにして書いていただいたり。グラビアと合わせて、普段は見られない彼女たちのプライベートを楽しんでいただきたいですね」

なお本企画は『週刊プレイボーイ27・28合併号』(6月22日発売)まで6号に渡って掲載される予定。次号23号(5月25日発売)の第二回は、RaMu、山吹りょう、和地つかさ、森咲智美、さらに今後は、サプライズ感のあるベテラングラビアアイドルも登場する予定だ。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品