着眼と考え方 現代文解釈の基礎 ちくま学芸文庫

遠藤嘉基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480510730
ISBN 10 : 4480510737
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
476p;15

内容詳細

半世紀近くにわたって読み継がれた、至高の現代文教本がここによみがえる!「文章を読む」とは、書かれた言葉の何を拾い上げ、それらをどう関係づけることなのか―。数々の小説や評論を題材に、重要な箇所をどのように見分けるかを、実演を織り交ぜながら徹底的に解説する。本書は、「文学的な文章」「論理的な文章」の2パートに分かれ、高校教科書の定番教材も多数収録。読者は、目の前にある文章について、内容や表現だけでなく、その表現を選んだ書き手の感性や想像力までも、つかめるようになるだろう。

目次 : 文学的な文章(解釈の基本/ 登場人物について/ 構成・表現について/ 作者について/ “付”近代・現代の詩について)/ 論理的な文章(解釈の基本/ 論の重点について/ 論の構成について/ 論者について)/ 練習問題“考え方”・解答

【著者紹介】
遠藤嘉基 : 1905‐92年。鳥取県生まれ。京都帝国大学文学部卒業。京都大学名誉教授。国語学・国文学専攻。訓点語研究を中心に国語史研究を行った

渡辺実 : 1926‐2019年。京都府生まれ。京都帝国大学文学部卒業。京都大学名誉教授。国語学・国文学専攻。言語表現の立体構造に着目し、国語学と国文学の境界を超える研究を目指した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    私はこのような参考書ではなく、高田先生の新釈現代文とZ会の通信添削で受験勉強を行っていました。この本を通読してみるとZ会の問題に似ている気がしました。素の点からすると実践例題27と練習問題の36をやれば十分であると感じました。いい本でした。

  • Shun さん

    伝説の現代文教本が復刊。私は学生時代に最も苦手としていた教科が国語で、もしこの本に出会っていればと強く思いました。全て目を通して見て思ったのは本書の初版が1963年であるにも関わらず、現代文を読むということに関して本書で学べる着眼と考え方が未だに有用であるというのは当然だけれど、復刊がなければ読む機会がなかったのかと思えばこの度は幸運でした。そして本書が読書猿さんによる「独学大全」で取り上げられたという要因や、またコロナ禍で在宅機会が増え学び直しの機運が高まったことにも関係し、本との出会いの奇縁に感謝を。

  • びっぐすとん さん

    現国は得意だったので参考書など買ったことがなかった、問題の答えを解説しても作品が違えば役に立たないと思っていたが、息子が現国が苦手だというので名参考書復刻、今月の人気4位というポップに釣られて買ってみた。字が小さい😭参考書サイズで復刻して欲しい。昭和38年初版のこの本は例題として出されている作品のレベルがまず高い。現在の教科書よりも難易度が高いかも。個々の問題の解説だけではなく、本質的に現国では何が問われるのかという、どんな作品にも通じる基本ポイントを教えてくれる。例題も名作揃いでそれだけでも面白い。

  • shun( 早瀬俊) さん

     入試改革で「文学国語」を軽視されかねないことに警鐘を鳴らす人々が多いのであるが、改めて大学入試を通じて「現代文」を学習することの意義を考えさせられる本である。この一冊を読み終えて、問題に取り組んだ後、AI時代にこそあるべき国語教育の重要性を考えさせられた。とくに文学の意義は日常と非日常をつなぐこと作業と思考によって人生観を創り上げる大変良い材料となりうるであろう。近年の押し付け道徳などよりもはるかに有効であると思うのだ。これまでの国語教育の歴史とその意義をもう一度検証した上での改悪の阻止を願うばかりだ。

  • Akito Yoshiue さん

    絶版になっていた間に古書価が高騰していたのも納得できる内容。文章を読む際なおざりにしがちなことと、その対策をきちんと理解できる。現代では受験生向けというより、しっかり文章を読む力をつけたいという人向けだと思う。名著が復刊してくれたことを喜びたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

遠藤嘉基

1905‐92年。鳥取県生まれ。京都帝国大学文学部卒業。京都大学名誉教授。国語学・国文学専攻。訓点語研究を中心に国語史研究を行った

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品