SPY×FAMILY 5 ジャンプコミックス

遠藤達哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088824635
ISBN 10 : 4088824636
フォーマット
出版社
発売日
2020年09月04日
日本
追加情報
:
202p;18

内容詳細

予知犬のボンドが家族に加わり、オペレーション〈梟〉もフォージャー家もようやく軌道に乗ったと思われた──が、中間考査でアーニャ史上最大のピンチ!? 星と雷をかけた波乱のテストの行方は…!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヨルさんにライバル出現!? 「夜帷(とば...

投稿日:2021/04/09 (金)

ヨルさんにライバル出現!? 「夜帷(とばり)」のコードネームを持つ女性「フィオナ・フロスト」が新キャラとして登場しました。 「ロイド・フォージャー」こと、「黄昏」の後輩で、「鉄面皮」の異名の通り、常に無表情な クール&ビューティーなキャラ……かと思いきや、頭の中は黄昏大好きであふれてて、 割りとはっちゃけてます。あああーーーッス!(←軽くネタバレ) 擬装とは言え、現在の黄昏の妻は「ヨル・ブライア」ですが、「私こそが嫁役に相応しい」 と心の中ではヨルさんに対して火花バチバチ。 オペレーション・梟も、自分ならアーニャを分単位のスケジュールで管理して 星(ステラ)製造マシーンにしてみせる、とアーニャをムチでビシビシしつける考えを持ってるが、 その考えをアーニャに読まれてしまい、アーニャには嫌われてしまった模様。哀れなり。 彼女の野望は大好きな先輩「黄昏」のお嫁さんになる事だが、既に負け確定なのでは…? それからもう一人、自称黄昏のライバル「東雲(しののめ)」が登場しましたが、 ライバルにはなり得ないぐらいにポンコツ。しかしポンコツゆえに、想像を絶するお馬鹿行動を やらかすかもしれないので、あるいはそれが黄昏を苦しめるかも。 「昔の偉い人は言った。ちわわぢから、と(違」 ちち、表向きの仕事は「精神科医」だけど、身分を偽装してるだけかと思ったら、 ちゃんと病院でも仕事してた模様。 「ごるふしたり、うらるーと(隠し通路)つかったり、おかしくばったり、たまにかんじゃさんを なぐったり(1巻参照)するしごとです(アーニャ談)」 前巻で家族に加わったボンド、以前は言葉を理解できていなかったが、今巻の最後に収録されてる おまけ短編では、かなり言葉を理解できている、アーニャが一杯話しかけたのかな。

大湖 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    前巻がアクションコメディーといった感じで、今回はシチュエーションコメディーといったところ。主にアーニャの学校生活を中心に展開。日常パートが多いけれど、キャラクターが生き生きとしていて、面白い。特にユーリの病んだシスコンっぷりが可笑しく、さらに姉のヨルが無意識過剰なので拍車がかかる。一方で新キャラ的に登場した女性エージェントが、これまたヤバげなヤンデレ属性持ち。フォージャー家も平穏とはいくまい。また、心理的な事情を読めてしまうアーニャの動揺っぷりが爆笑もの。今回、特にアーニャの顔芸的場面が多く、楽しかった。

  • 小紫 さん

    いや〜安定の面白さ。ヨルさんが懸命に頑張った料理の結果が両極端なのに吹き出し、ボンドの焼き餅が微笑ましくて可愛い。ユーリの勉強への動機付けには、いいこと言うじゃないのこの子、とちょっと感心しました。黄昏の本業の話はこれからなんでしょうけれど、夜帳との間がどうなるのか…?アーニャが上手いことやってくれることを願ってます。それにしても、赤点回避したときのアーニャの笑顔がまた可愛いったら(笑)!

  • はな さん

    ユーリ・ブライア…!ナイスキャラ。シスコン( ´∀`)表紙裏がやばかった(笑)アーニャたち学校サイドはとても可愛い。アーニャの父仕事レポートは面白かったです。

  • 眠る山猫屋 さん

    任務停滞中。アーニャかわいいけれど、勉強に対する姿勢はいかがなものか。まぁ、子供らしい。そんなアーニャの家庭教師を引き受けたユーリの壮絶な過去回想。姉の為に姉の為にと研鑽(笑)を積んだユーリの過去がアーニャを動かす・・・訳がない。いや、ちょっと前向きになってくれたのかな。そして新たな助っ人夜帷=B助っ人だけど、足を引っ張る予感しかない・・・。

  • くりり さん

    ヨルの料理(暗殺兵器)特訓から奇跡の南部スープが!(笑)、 そして、新月は超能力が使えないという事実(狼男?)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

遠藤達哉に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品