だいじ だいじ どーこだ?

遠見才希子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784278087000
ISBN 10 : 4278087004
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;24

内容詳細

自分のからだを知ることは“自分を守る力”を育みます。プライベートパーツを知ることからはじめよう!

【著者紹介】
えんみさきこ : 遠見才希子。産婦人科医。1984年神奈川県生まれ。2005年、大学入学後より「もっと気軽に楽しくまじめに性を考える場が欲しかった」という気づきから中高生向けの性教育活動を始め「えんみちゃん」のニックネームで全国900ヶ所以上の学校を巡り正しい知識だけでなく等身大のメッセージを伝えている

かわはらみずまる : 川原瑞丸。1991年千葉県生まれ。書籍や雑誌の装画や挿絵を中心に、ウェブ等のイラスト、映画や本のイラストレビューでも活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うー さん

    〈絵本〉【いいタッチわるいタッチ】と同じく自分の体の大切さを教える絵本。体の大事な所は写真や動画をとることもダメなど、親しみのある絵で子どもたちにも伝わりやすいと思う。最後に大人に向け、子どもが困った時に打ち明けられる関係性を築いておく事が大切だと。「おかえり、今日はどんな日だった?」心を配ることを忘れずにいたい。

  • すけまる さん

    こどもへの性教育の導入に最適。わかりやすいイラストでこどもにも理解しやすい。「ダメ!いやだ!」読みながら一緒に叫んでます笑

  • 遠い日 さん

    自分を守るために自分の体のだいじな部分を知る。性教育と謳っていますが、基本的で生涯守られなければならないことです。見せない、触らせないはもちろん、見せられたら大人に言う、助けを求めるなどの発信を積極的にアドバイスしています。犯罪にも繋がっていく写真や動画も撮らせないことにも触れています。

  • キビ さん

    母が「いい本があるよ。」と新聞か雑誌からか勧めてくれた。読みやすく、分かりやすい。いい本だ。

  • デコ さん

    シンプルながら説得力のある「からだ」と「性」の絵本。性被害から身を守るという教育を受けた記憶がないので、子ども達に伝えるノウハウがなかった。その場しのぎの言葉掛けしかできなかった。小さい時から教えるのが大事だったんだ。「必死に抵抗すれば逃げられるはずだ」というのは誤った社会通念のひとつというのも気をつけよう。「どうして逃げなかったの?」なんて更に責めるのは✖。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品