フィギュアスケート 美のテクニック

野口美惠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784403320347
ISBN 10 : 4403320341
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,126p

内容詳細

フィギュアスケートには独特の美学があり、力と美は共存する。フィギュアスケートの基本テクニックを写真で紹介し、美しさの秘密や採点競技として何が高く評価されるかといったテクニックのポイントを丁寧に解説。

【著者紹介】
樋口豊 : 1949年9月20日生まれ。全日本選手権3連覇、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック代表。明治神宮外苑アイススケート場でインストラクターを務める傍ら、NHK、J SPORTS等で解説にあたる

太田由希奈 : 1986年11月26日生まれ。2002年ジュニアグランプリファイナル優勝、2003年世界ジュニア選手権優勝、2004年四大陸選手権優勝。2006年から樋口豊に師事し、基礎に忠実なフィギュアスケートの美学を学び、2008年秋に引退。現在、プロスケーターとして活躍

野口美恵 : スポーツライター、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験を生かし、「WORLD FIGURE SKATING」をはじめ「Number」「AERA」「Sport@nifty」等に、技術やルール、選手心理に詳しい記事を執筆。日本オリンピック委員会公式ホームページ記者としてバンクーバーオリンピックを取材した。92年より趣味でスケートを始め、現在は樋口豊に師事。「International Adult Figure Skating Competition 2010」ブロンズ1部門3位(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • syaori さん

    ジャンプやステップについて詳しく知りたくて。「フィギュアスケート独特の美学」、「氷の上を滑走しながら踊る」技術について、エレメンツ(ジャンプやステップ)、ベーシックスキル(スケーティング)など章を分けて解説してくれています。写真をカラーで豊富に使ってくれているのですが、素人には静止画だと分かりにくく、やはり難しいなと思いました。ただ、どんなジャンプが美しいのかやスケーティング技術の大切さについてなどの解説やコラムが十分フィギュアの魅力を伝えてくれていて、とても楽しく、これからの観戦の指針にもなりそうです。

  • Koning さん

    そして樋口先生監修に太田由希奈ちゃんモデルで野口美恵著というこの本。目次に観戦力Upと競技力Upというチェック欄があるのがもうね。とりあえず競技者の数も増えとりあえず入門はリンク行って先生に習え!というのが第一歩は間違いないので、その後のどんなエレメントでこうするべきなのか?というのを解説した本。なので、確かにみてる方にも参考になるあれこれが満載。佐藤本より良いのはカラーなのと、エッジのこの辺りに重心という表記。リンク遠いとかそんな予算ない!層にはとてもありがたい記述にございます。

  • 東雲 さん

    ジャンプが見極められなくて手にとった。写真がコマ送りで乗ってるんだけど、やっぱり難しいね。ジャンプ以外にもスピン、ステップの解説も丁寧。エッジってフラットに乗ることはないんだ。ジャンプの基礎点も乗ってるので助かった。コンビネーションになるとどうなるのかは書いてなかったので、別の本も読むことにしよう。

  • かぼすけ さん

    樋口さんと由希奈さんによるテクニックの解説。相当演技と照らし合わせながら勉強しないと判断できないな。実際の動きは速くてあっという間だし。でも分かったらもっともっと楽しめそう。それにしても由希奈さんの写真の1コマ1コマが本当に美しいなぁとうっとりした。

  • ゆずこまめ さん

    太田由希奈さんのポジションの美しさ!それだけでもううっとりです。ステップやエッジワークにかなりのページを割いて解説してくれてますが、やっぱり写真だけだとちょっとわかりにくい。でも丁寧な解説なので、フィギュアスケートの基礎をしっかり勉強するにはいいかと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品