伝わる英語表現法 岩波新書

長部三郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004307655
ISBN 10 : 4004307651
フォーマット
出版社
発行年月
1970年01月
日本
追加情報
:
18cm,192p

内容詳細

日本人が陥りがちな一語ずつ「訳そう」とする発想から、「いかに意味を伝えるか」という意識に切り替えれば、簡単な言葉で生きた英語表現ができるようになる。そのための方法を具体的に伝授する。

【著者紹介】
長部三郎 : 1934年新潟県長岡市生まれ。1959年東京大学教養学科(国際関係論)卒業、アメリカ国務省言語部勤務(日本語通訳担当)、(社)日本ペンクラブ事務局長などを経て、現在、桐蔭横浜大学工学部教授、桐蔭国際交流センター長、サイマル・アカデミー講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タイコウチ さん

    Twitterで話題になり(?)突然復刊された2001年初版の英語学習書。アメリカ国務省で長年通訳をされていた著者が、日英語の表現方法の違いを体験的な知見に基づいてまとめたもの。日本語で多用されるやや抽象的な(漠然とした)漢語名詞を、英語では動詞(節)的表現にひらくのが1つのコツ。あとは英語で文章化するときには、意識的に構造を整えることが重要。文レベルでは「一事一文」で短くシンプルな英語表現を心がけるというのは、最近出版された技術翻訳の専門家中山裕木子の『シンプルな英語』(2021)と通じるところがある。

  • masabi さん

    【概要】単語中心の英文から脱するための手引。【感想】SNSで話題になっていた一冊。日本語を逐語的に英語に変えるのではなく、伝えたい意味を抽出し、具体的、説明的、構造的という英語らしい表現にしていく。日本語の曖昧さや抽象さをいかに具体的に行間を埋めるかが翻訳者の技術が窺えるらしい。

  • RmB さん

    何を伝えるのか?伝えるべきものを持つのが大切なのでしょうが、私たちは、母国語でも意見を述べるということをやる機会が少ないように思います。まず考えること、そして意見を持つということから始めるのが大切なのでしょう。

  • Ex libris 毒餃子 さん

    ネットで話題の本を近所の書店で見かけた気がしたので、行ってみたところ再版ではない版で購入できました。仕事の都合でTOEICの勉強をしていますが、英語話者の表現法を学ぶことで点数の向上が見込めそうです。また、TOEICだけではなく英語を必要とする機会がないわけではないので、実践していく上での思考法も端的に勉強できました。

  • ヨミナガラ さん

    “I did what I said I would do (during my election campaign).”“「(選挙の時に)私がすると言ったことはした」〔…〕日本語としては幼稚〔…〕ここに日本語と英語の大きな違い”“動詞があり,したがって時制があること”“英語は動詞があってはじめて言葉が活性化”“動詞は全身に血液を送る心臓”“「訳す」ことは,本来「伝える」こと”“簡単な英語で表現〔…〕「切る」「送る」「埋める」”“「一事一文」の法則”“英語の構造性〔…〕「並べる」「揃える」「つなげる」”

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長部三郎

1934年新潟県長岡市生まれ。1959年東京大学教養学科(国際関係論)卒業、アメリカ国務省言語部勤務(日本語通訳担当)、(社)日本ペンクラブ事務局長などを経て、現在、桐蔭横浜大学工学部教授、桐蔭国際交流センター長、サイマル・アカデミー講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品