阿川泰子

阿川泰子 プロフィール

阿川泰子 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

阿川 泰子(あがわ やすこ、本名:佐藤 康子、1951年10月16日 - )は、神奈川県鎌倉市出身のジャズシンガー、元女優。旧芸名:麻里 とも恵麻理 ともえ佐藤 康子。現在、オフィス・ダァグに所属。血液型A型。父親は鎌倉在住の洋画家。趣味・特技は絵画・イラスト・エッセイ。椙山女学園高等学校卒業。「シュガー・ボイス」、「ネクタイ族のアイドル」「オジサマ族のアイドル」などと称された。身長158cm、46kg。

人物・来歴

1978年にデビューした際にはプロダクションの意向で1953年生まれとしていた。鎌倉の洋画家の一人娘として生まれ、小学校3年から名古屋市中区で育つ。最初、水泳選手を志願し、水泳の名門で名古屋有数のお嬢様学校でもある椙山女学園中学校に入学。しかし水泳は挫折して1年で辞め演劇部へ。杉村春子に憧れ椙山女学園高等学校卒業後上京、文学座演劇付属演技研究所第12期生(同期生に松田優作、高橋洋子、一年上に桃井かおり)に合格、演劇を学ぶ。一年で退学し、東宝映画の「華麗なる一族」、「青春の門」やテレビドラマなどに端役として出演する。「華麗なる一族」は「東京からお電話です」という台詞一つだけ、「青春の門」は宴でお酌をするシーンのワンカットであった。しかし「主役でもないのに脱がされる、端役のヌードがいや」と女優業を辞める。銀座の「ファンファン」でジャズと出会い1973年、ジャズ・クラリネット奏者の鈴木章治を紹介され、ジャズ・ボーカリストに挑戦、翌年「鈴木章治とリズム・エース」の専属シンガーとなる。後にソロ・シンガーとなり、六本木や赤坂のライブ・スポットで脚光を浴びる。1978年に「ヤスコ/ラブバード」で歌手デビュー。ビクターのバックアップのもと、トミー・フラナガン、ローランド・ハナ、ジョージ・ムラーツ、ロン・カーター、セルジオ・メンデス、ネイザン・イースト、ジョー・サンプルなどの著名ミュージシャンとセッションを行う。1981年には、自らのバックバンド「フラミンゴ・ビッグ・バンド」を結成。スタンダ…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%