マウリツィオ・ポリーニ 「知・情・意」を備えた現代最高峰のピアニストのすべて ONTOMO MOOK

音楽の友編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784276963153
ISBN 10 : 427696315X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;26

内容詳細

1942年、イタリア・ミラノ生まれ。20世紀後半〜現代のピアノ界を代表する巨匠、マウリツィオ・ポリーニのすべてがわかるムック。
1960年「ショパン・コンクール」の優勝者。審査委員長だったルービンシュタインをして「ここにいる審査員の誰よりも巧い」と言わしめた。その後8年間、公の場から姿を消し、ミケランジェリのもとなどでさらなる研鑽を積んだ。復帰後の活躍ぶりは、ファンによく知られている。
1974年に初来日。その後も数年に一度のペースで来日。95年、東京で開催された「ブーレーズ・フェスティヴァル」では、20世紀のピアノ作品で構成された初日のリサイタルで大成功を収めた。2002年、2018年には、自らがプロデュースする大規模なフェスティヴァル「ポリーニ・プロジェクト」を東京で開催。弾き振り≠熹笘Iした。数々の名盤をドイツ・グラモフォンからリリース。最近の話題は、39年の歳月をかけて完成させた「ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集」だが、さらに2020年春、ドイツ・グラモフォン(発売:ユニバーサル・ミュージック)からリリースされたCD「ベートーヴェン 後期3大ソナタ」の新録音は、メガストア系のクラシック部門の売り上げランキングで連続1位獲得するなど、その人気は衰えない。
その歩みを振り返りながら、氏が「音楽の友」「レコード芸術」誌に語ったこと、芸術、人となり、録音などを紹介しながら、現代きってのピアニストの全貌を多角的に紹介する。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
70年代のポリーニが私が一番好きな演奏をす...

投稿日:2021/04/10 (土)

70年代のポリーニが私が一番好きな演奏をするピアニストでした。 テクニック・解釈・プログラミング・・・その人となり(彼の思想も)を知ることが出来る本は今まであまりなかったので、とても参考になりました。

チバリスト さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろただでござる さん

    ルービンシュタイン…ミケランジェリ…グールド…アルゲリッチ…憧れる(尊敬する)ピアニストは何人もいるけど…空港で拉致って(私の)自宅でピアノ(アップライトですが)を弾いてもらう夢を見たのはポリーニだけ(ペダルの踏み方も知りたかった…)。ベートーベンを弾くようになってからはほんの少し変わったような…気がするだけなんですが少し冷静になれた。行きつけのレコード屋さんで聴かされた「ペトルーシュカからの三楽章」の衝撃は今でもありありと思い出せる…もうこんなピアニストは出てこないだろう…ってまた出てくるんだろうなぁ…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品