高田渡 / 五つの赤い風船 レビュー一覧

高田渡 / 五つの赤い風船 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

4件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 高田渡の人柄については既に語り尽くされているけれど...

    投稿日:2021/04/30

    高田渡の人柄については既に語り尽くされているけれど、本当にいいやつだった。彼のコンサートの裏方のバイトをした時のこと、打ち上げが盛り上がって自分たちのバイト代を全部飲んでしまった。それだけでなく彼のその日のギャラまで飲んでしまい、彼は一文無しになったけど何事もなかったように帰って行った(申し訳ありません)。高田渡は本当にいい男だった。彼のLPやCDが手元に何枚かあるが、最初に買ったこのアルバムが一番気に入っている。あの頃五つの赤い風船はスマートすぎるような気がしてあまり聴かなかったが、もちろんいい曲ばかりだ。懐かしいアルバム。高田渡は本当にいいやつだった。

    禅済 さん

    0
  • 1960年代後半から1972年まで活動したフォークグループ...

    投稿日:2021/04/28

    1960年代後半から1972年まで活動したフォークグループ。会員制のURC(アングラ・レコード・クラブ)の第一回配布のうちの1枚がこのレコードである。学生運動が盛んな頃に発売されたので、収録されている「遠い世界に」や「血まみれの鳩」など学生デモ隊らがよく口ずさんでいたようである。この五つの赤い風船も時代の波に乗り、高田渡や岡林信康、高石友也らと関西フォークの中心となっていくのであった。このアルバムを聴いていると、今の日本の若者は良いも悪くも大人しくなったなぁと思う今日この頃である。

    たまちゃん さん |40代

    0
  • 主に恋愛を歌う今どきの一般的なPOPに親しんでる自分...

    投稿日:2006/03/10

    主に恋愛を歌う今どきの一般的なPOPに親しんでる自分にとって、安保闘争の時代・社会や生活・思想を歌ったこの作品は気持ち良いほど衝撃的でした!それに単なる直接的な社会批判でなく、ウィットに富んだ皮肉である所がイイです〜社会や生活という現実を具体的に歌った当時のフォークの意義を、今強く考えさせられますね。

    風鈴火山 さん

    0
  • 高田渡と五つの赤い風船のデビュー作。LP片面ずつ違う...

    投稿日:2003/08/30

    高田渡と五つの赤い風船のデビュー作。LP片面ずつ違うアーティストが収録されるというのは初期のURCレコードによく見られる方式。当時は互いにステージで「僕の面は残して、もう片方は紙ヤスリで削ってください」などとやりあっていたという。高田渡は外国のフォークソングに独自の毒の効いた詩をつけて歌っているのがほとんどだが、注目はやはり放送禁止指定の問題作『自衛隊に入ろう』だろうか。五つの赤い風船は加藤和彦のプロデュースのもと、幻想的で華やかな曲が並ぶが、西岡たかしの詩は独特の闇がある。『遠い世界に』『血まみれの鳩』収録

    中村九大 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%