CD 輸入盤

クナッパーツブッシュ&BPO/RIAS録音集 1950−1952(5CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AU21405
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

auditeからクナの5CDセット!
フルトヴェングラーに続き、驚異の蔵出し音源!
クナッパーツブッシュRIAS録音 1950−1952年


なんとauditeから、クナッパーツブッシュのRIAS録音集が登場! ハンス・クナッパーツブッシュはベルリン・フィルに度々客演し、戦後もカラヤン時代最初期の1956年までその関係が続きました。このセットには1950年から1952年までの録音が収録されています。
 演奏はどれも過去にLP、CDで発売され話題になったもので、お得意のブルックナー、濃厚かつ豪快な味わいのベートーヴェン、ユーモアに溢れたシュトラウス、ロマンティシズムたっぷりのチャイコフスキーなど、素晴らしい名演ばかり。中でもシューベルトの未完成交響曲は、クナッパーツブッシュの資質が曲と合致した超ド級のスケールで、必聴の名演です。また数日違いのスタジオ録音とライヴ録音の2種の録音を収録、音楽の微妙な違いを比べられるのもファンにはたまらないところです。
 auditeはフルトヴェングラーのRIAS録音集でも、従来の音源とは明らかに次元の異なった高音質を提供、ここでも放送局秘蔵の蔵出し音源で素晴らしい音質を実現しています。
クナの未発表写真、当時の批評等、貴重な資料が満載のブックレットも充実しております。355分30秒収録。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調
 1950年1月28日 ティタニア・パラスト(スタジオ録音)

・シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 『未完成』 
 1950年1月28日 ティタニア・パラスト(スタジオ録音)

・ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調
 1951年1月8日 イエス・キリスト教会(スタジオ録音)

・ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調 Op.93
 1952年1月29日 イエス・キリスト教会(スタジオ録音)

・J.シュトラウス:『千一夜物語』間奏曲
 1952年1月29日 イエス・キリスト教会(スタジオ録音)

・ニコライ:『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・ハイドン:交響曲第94番 ト長調 『驚愕』
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・チャイコフスキー:組曲『くるみ割り人形』
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・J.シュトラウス:『こうもり』序曲
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・J.シュトラウス:ピツィカート・ポルカ
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・コムツァーク:バーデン娘
 1950年2月1日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 『未完成』
 1950年1月30日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

・ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調
 1950年1月30日 ティタニア・パラスト(ライヴ録音)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)


収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Feierlich, misterioso
  • 02. II. Scherzo: Bewegt, lebhaft
  • 03. III. Adagio: Langsam feierlich
  • 04. I. Allegro moderato
  • 05. II. Andante con moto

ディスク   2

  • 01. I. Allegro moderato
  • 02. II. Scherzo: Allegro moderato - Langsam
  • 03. III. Adagio: Feierlich langsam, doch nicht schleppend
  • 04. IV. Finale: Feierlich, nicht schnell

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まずなによりも音質の良さは格別。状態の良...

投稿日:2013/03/11 (月)

まずなによりも音質の良さは格別。状態の良いマスターをセンス良くリマスターしている点が嬉しい。演奏の方は、どれもこれも楽しいが、圧巻は「こうもり」序曲。どんな顔して振っていたのだろうか。何度聞いてもにやりと笑ってしまう。こんな個性の塊のような演奏、今は無いですね。

ききだおれ さん | 神奈川県 | 不明

3
★
★
★
★
★
現在ではすっかり失われてしまった気宇壮大...

投稿日:2011/11/23 (水)

現在ではすっかり失われてしまった気宇壮大な素晴らしい“個性”の記録。どなたかが書かれていましたが,古きよき時代へタイムスリップさせてくれる素晴らしいセット。さすがに第9は私には少し抵抗がありましたが,第8はフルトヴェングラーやチェリビダッケとはまた違った大きな演奏で心打たれたし,ベートーヴェンの第8は最高!緩徐楽章のホルンの甘い響きと,そこに絡む木管のなんて優美なこと…!疾風のごとき進む現代の最終楽章を嘲笑うかのような堂々とした終楽章…!私にとっての第8のベストです。CD4も魅力的。「昔はよかったね」という声が聞こえてきそうな,演奏は厳しくも,何かほのぼのした温かさが伝わってくる。話は変わりますが,「バーンスタインのように(ただし、マーラー及びシューマンを除く。)、内容の伴わない大仰さとはとても同列には論じられないことを銘記しておかなければならないと言える」と書かれている方がおられる…。この方は,リスナーへの挑戦とも言えそうな,あの驚異的なシベリウスの第2を聴かれたことがあるのだろうか…。愛妻を亡くした慟哭にまみれたモーツァルトのレクイエムを聴かれたことがあるのだろうか…。すさまじいショスタコーヴィチの第7を聴かれたことがあるのだろか…。ウィーン・フィルとのベートーヴェン,ブラームスの交響曲全集は私の知る限り最も“温かい”全集であるし,コープランド,バーバーは絶品だ。このような侮辱は,バーンスタインを愛する人たちに失礼だ…。何より,バーンスタインに失礼だ…。

masato さん | 新潟県 | 不明

17
★
★
★
★
★
クナッパーツブッシュは、ミュンヘン、バイ...

投稿日:2011/07/24 (日)

クナッパーツブッシュは、ミュンヘン、バイロイト、ウィーンでの活躍がメインで、ベルリン・フィルへの客演はそれほど多くないが、それでもいつものようにクナッパーツブッシュ節全開の演奏で聴き手を楽しませてくれる。ブルックナーは改訂版を使っているので、今では少々違和感が先行してしまうが、チャイコフスキー、シュトラウス、コムツァークを並べたポピュラー・コンサートが実に愉しい。オーケストラの果てがアバド〜ラトルに率いられているものとはとても信じられない。音質もシャープでありながら、低音もよく録れており、戦後のベルリン音楽界にタイムスリップしたかのような錯覚を覚える。クナが嫌いな人にもお勧めしたい。

ドンナー さん | 神奈川県 | 不明

5

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト