CD 輸入盤

ラモー:組曲『カストールとポリュックス』、グルック:組曲『オルフェオとエウリディーチェ』、他 チャールズ・マッケラス&ロンドン交響楽団

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4829364
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


この時代の音楽をこよなく愛した指揮者による18世紀の舞台音楽集

指揮者サー・チャールズ・マッケラスにとって18世紀の音楽は子供の頃から夢中になっていた音楽でした。「特に私が好んでいるのはその美しい交響曲と、中央ヨーロッパのバロック芸術に見られる非常に華麗な装飾です。私は古い音楽を古い方法で、作曲家がイメージした方法で演奏するよう努めてきました。バロック・オーケストラによって作られる音を再現することには価値があると信じ、そこに情熱を傾けています」と、マッケラスは1977年に語っています。
 これは1965年にフィリップスに行われたラモーとグルックのバレエ音楽、そしてケルビーニとチマローザの序曲集という18世紀の舞台音楽をまとめた録音集です。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ラモー:バレエ組曲『カストールとポリュックス』
2. グルック:バレエ組曲『オルフェオとエウリディーチェ』
3. ケルビーニ:歌劇『アナクレオン』序曲
4. チマローザ:歌劇『秘密の結婚』序曲


 ロンドン交響楽団
 サー・チャールズ・マッケラス(指揮)

 録音:1965年3月(1,2)、1月(3,4)、ロンドン

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
紹介文を読むと、マッケラスは、この時代の...

投稿日:2021/10/06 (水)

紹介文を読むと、マッケラスは、この時代の音楽をこよなく愛していたそうです。バロック時代なので地味な作品群です。曲目では、精霊の踊りしか知りませんでしたが、私にとっては、心地よい響きで一服の清涼剤になるアルバムです。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品