DVD

Mravinsky Soviet Conductor, Russian Aristocrat +rozhdestvensky

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOBW3561
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD

商品説明

『ソヴィエト・コンダクター、ロシアン・アリストクラート』 [54:09]
 ・Introduction
 ・The Early Years
 ・Music Director of the Leningrad Philharmonic
 ・Shostakovich, Soviet Regime, World War Two
 ・Inner Life and Public Obligations
 ・Anguish and Perfection
 ・Style and Technique
 ・“…but I cannot feel myself happy”
 ムラヴィンスキー・ドキュメンタリー

・ヴェーバー:歌劇『オベロン』序曲[8:38]
 レニングラード・フィルハーモニー
 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)
 1978年4月28日、レニングラード・フィルハーモニー大ホール

・チャイコフスキー:『フランチェスカ・ダ・リミニ』[23:18]
 レニングラード・フィルハーモニー
 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)
 1983年3月19日、レニングラード・フィルハーモニー大ホール

BONUS
・チャイコフスキー:交響曲第4番[43:34]
 レニングラード・フィルハーモニー
 ゲンナディー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
 1971年9月、ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール

メインのムラヴィンスキーは、2003年にBBCによって制作されたもので、ザンデルリングのインタビューなども収められています。また、このDVDではボーナス・トラックも非常に強力で、なんとロジェストヴェンスキーの指揮したチャイ4がカラーで全曲収められています。
 CDでBBC LEGENDSから発売されているものと同じと思われるこの演奏、おそらく世界的にも最強の精鋭集団だったレニングラード・フィルが、冷徹なボス、ムラヴィンスキーの手をはなれ、いつもの演奏会とはまったく異なるロジェヴェン流の派手な芸風を得て、燃えに燃えまくった貴重きわまりない記録です。
 第1楽章冒頭から濃厚ヴィブラートで咆えるブラス、広大に設定されたダイナミクスと緩急自在なルバートによって極限まで拡大された情感が非常に印象的。
 第4楽章も凄く、作曲者自身もこの楽章を「鳴り物入り」と評していたそうですが、そのことをここまであからさまに示した演奏もほかにはないでしょう。興奮のあまり、聴衆も最後の和音が鳴っている間から雄叫びのような歓声をあげたり、口笛が飛びかったりと大変な騒ぎになっています。

内容詳細

ムラヴィンスキーのドキュメンタリーと演奏映像で編集されたDVD。ドキュメンタリーは大戦のことやショスタコーヴィチ、私生活などにわたり、演奏はチャイコフスキーの交響曲第4番など3曲を収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Soviet Conductor, Russian Aristocrat(ロシアの貴族)
  • 02. ウェーバー: オベロン序曲
  • 03. チャイコフスキー: フランチェスカ・ダ・リミニ
  • 04. チャイコフスキー: 交響曲第4番 【ボーナス・トラック】

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ムラヴィンスキーのドキュメンタリーは、彼...

投稿日:2010/04/17 (土)

ムラヴィンスキーのドキュメンタリーは、彼のどの部分にフォーカスしたのか、やや散漫な印象があったが、最後の最後でザンデルリンクがボリス・ゴドゥノフの台詞を引用して「彼は幸せだったのか?」と呟く部分が印象的だった・・と言いながらもこのDVDはロジェヴェンのチャイコ目的で購入しました。BBCレジェンドのCDも聞きましたが、この映像をCD化したものだったのですね!ロジェヴェンは第4楽章など、ところどころ振らずに勢いを重視し、弱音のコントラスト無視^^。この演奏会プロムスの実況で、聴衆は若く、皆身体揺らして聞いています。ベームのブラ2といいこの演奏といい、ロンドンの聴衆は乗ったらフライング!こういう演奏会に行ってみたいですねぇ。。

てつ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
本編のドキュメンタリーも勿論見ごたえ充分...

投稿日:2008/03/25 (火)

本編のドキュメンタリーも勿論見ごたえ充分だ。が、このDVDに関しては、本来「オマケ」である筈のロジェヴェンのチャイコフスキーがあまりに強烈すぎて、「主役」を喰ってしまっている。映像も非常に鮮明(ムラヴィンスキーの映像はこの10年以上後なのに、非常に貧弱なのは当時のソ連の国力の限界か?)。 最後まで固唾を飲んで聴き入っていた聴衆が、終演後に見せる物凄い熱狂ぶりも微笑ましい。必見の1枚!

にゃおにゃお金 さん | 市川市 | 不明

0
★
★
★
★
★
ムラヴィンスキーのドキュメントも興味深い...

投稿日:2006/06/16 (金)

ムラヴィンスキーのドキュメントも興味深いのですが、このDVDの見所はオマケにもかかわらず、全曲収録されているロジェストヴェンスキーのチャイ4!これは、最近になってBBCLegendシリーズで復刻されたプロムスでのレニングラードpoとのライヴなのですが、これがまた熱い!!バリバリ鳴るオーケストラの響きに興奮した観客が演奏後に叫び声をあげます。この演奏が映像付きで聴けるとなれば、買わないのは損でしょう。

ロジェヴェンが好きー さん | 埼玉 | 不明

0

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品