SACD 輸入盤

『ギター協奏曲集〜ヴィラ=ロボス、カステルヌオーヴォ=テデスコ、ジュリアーニ』 イエペス、ナヴァッロ&ロンドン響、イギリス室内管

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PTC5186202
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

「ギターの神」イエペスによる
ヴィラ=ロボス、テデスコ、ジュリアーニのギター協奏曲集!


SACDハイブリッド盤。巨匠イエペスが1977年に収録した、ジュリアーニのギター協奏曲第1番、カステルヌオーヴォ=テデスコのギター協奏曲第1番、そしてヴィラ=ロボスのギターと小管弦楽のための協奏曲です。「ギターの神」と崇められるイエペスはクラシックのギターの世界を広げ、生涯第一線で活躍した巨匠です。
 イエペスが50歳の時の当録音は演奏技術・音楽的内容ともに最も充実していた時期と言え、生き生きと紡ぎだされるギターの音色に酔いしれることができます。今回のリマスタリングによって、この名盤を新鮮に聴くことができるとは。嬉しい復刻と言えましょう。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ジュリアーニ:ギター協奏曲第1番イ長調 Op.30
● カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター協奏曲第1番ニ長調 Op.99
● ヴィラ=ロボス:ギターと小管弦楽のための協奏曲

 ナルシソ・イエペス(ギター)
 イギリス室内管弦楽団(ジュリアーニ)
 ロンドン交響楽団(カステルヌオーヴォ=テデスコ、ヴィラ=ロボス)
 ガルシア・ナヴァッロ(指揮)

 録音時期:1977年6月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 A&Rプロデューサー:ルドルフ・ウェルナー
 バランス・エンジニア:ハインツ・ヴィルトハーゲン
 レコーディング・エンジニア&エディティング:ヨアヒム・ニス

 リマスタリング:ポリヒムニア・インターナショナル
 リマスタリング:2014年8月、バールン、オランダ
 SACD Hybrid

【PENTATONE - Remastered DG quadraphonic recordings】
「RQR (Remastered Quad Recordings) series」では、これまで、フィリップスのカタログ音源(4チャンネルステレオ quadraphonic recordings)をライセンス使用して、DSDマスタリングを施して復刻してきましたが、この度、1970年代のドイツ・グラモフォン音源のDSDマスタリング復刻を開始致します。今回もリマスタリングはオランダのポリヒムニア・インターナショナル(1998年にフィリップス・クラシックスの技術チームが独立して立ち上げた会社)が担当しており、万全のメンバーで行われました。
 当シリーズは現在、廃盤となっているタイトルも多く、名盤中の名盤が高音質のSACDで再リリースされるという大歓迎のシリーズ開始と言えましょう。装丁はスーパー・ジュエルケースにスリーヴ・ケース付き仕様です。(キングインターナショナル)

収録曲   

  • 01. Allegro Maestoso
  • 02. Andantino (Siciliano)
  • 03. Polonaise (Allegretto)
  • 04. Allegretto
  • 05. Andantino Alla Romanza
  • 06. Ritmico E Cavalleresco
  • 07. Allegro Preciso
  • 08. Andantino E Andante
  • 09. Allegretto Non Troppo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
有名なギター協奏曲といえばまずアランフェ...

投稿日:2021/02/25 (木)

有名なギター協奏曲といえばまずアランフェス協奏曲が思い出されるでしょうが、ヴェイラロボスとテデスコの協奏曲は、それに勝るとも劣らない名曲です。 リズムの楽しみや、和声の組み立てなど、スペインと微妙に異なるブラジルとイタリアの色彩も楽しめます。 イエペスのテクニックが冴えている名演です。

チバリスト さん | 千葉県 | 不明

0

*ギター・オムニバス*に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品