SACD 輸入盤

『凱旋路〜ウィンド・アンサンブルのためのフランス音楽』 ルード&ノルウェー軍音楽隊(+ブルーレイ・オーディオ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2L086SABD
組み枚数
:
1
レーベル
:
2l
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド, Blu-ray Disc付き,輸入盤

商品説明

2Lの真骨頂の録音! 美しく効果的に捉えた
ウィンド・アンサンブルの斬新で新鮮な響き!


ノルウェー王国に軍隊に所属する5つのプロフェッショナル・アンサンブルのひとつ、1818年創設のノルウェー軍音楽隊が新しいアルバムを録音しました。アルバム・タイトル『凱旋路』は、フランスの首都パリの中心から西に向かう、「パリの歴史軸」あるいは「王の道」とも呼ばれる、歴史的建造物や記念碑の並ぶ直線道路。19世紀と20世紀のフランス音楽によるプログラムが組まれています。
 ベルリオーズが、1830年の七月革命の10周年記念式典のためフランス政府の委嘱を受けて作曲した『葬送と勝利の大交響曲』。曲名に示されるとおり「東と西の世界の対照」からインスピレーションを得たというサン=サーンスの作品。幻想的、神秘的なバレエ『ラ・ペリ』のために作曲され、コンサートピースとして単独で演奏されることの多いデュカスの『ファンファーレ』。ミヨーが、第二次世界大戦中のレジスタンス運動とフランスをドイツ軍の占領から解放した連合軍への敬意の印に作曲したという『フランス組曲』。4曲から構成され、「音による絵画」ともみなされるトマジの『典礼用ファンファーレ』。フランスの童謡と民謡に基づくボザの『子供の序曲』。1791年のフランス革命後、新しい時代を迎えたと言われるウィンド・アンサンブル音楽の新鮮な発想と響きをもった曲が集められました。
 指揮者のオーレ・クリスチャン・ルードは、2006年からノルウェー軍音楽隊の音楽監督を務めています。このアルバムの録音セッションは、1961年に建造された、自然木で組んだ急勾配の天井のもたらす音響効果が素晴らしい、ベールムのヤール教会で行われ、2Lのスタッフお気に入りの録音場所のひとつです。
 。SACDハイブリッド・ディスクと、ピュア・オーディオ・ブルーレイディスクとのセットです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. ベルリオーズ:葬送と勝利の大交響曲 op.15 (1840) (葬送行進曲/追悼の辞*/昇天)
2. サン=サーンス:東洋と西洋 op.25 (1869)
3. デュカス:『ラ・ぺリ』のファンファーレ (1912)
4. ミヨー:フランス組曲 op.248 (1945) (ノルマンディー/ブルターニュ/イル・ド・フランス/アルザス=ロレーヌ/プロヴァンス)
5. トマジ:典礼用ファンファーレ (1947) (み告げ/福音**/黙示録(スケルツォ)/金曜日の行列)
6. ボザ:子供の序曲 (1964)

 ノルウェー軍音楽隊
 ポール・W・マグヌセン(トロンボーン:1)
 ヴィーダル・ノルドリ(トロンボーン:5)
 オーレ・クリスチャン・ルード(指揮)

 録音時期:2011年11月、2012年1月
 録音場所:ノルウェー、ベールム、ヤール教会
 録音方式:ステレオ(24bit/352.8kHz DXD/セッション)
 制作:ヴォルフガング・プラッゲ
 録音:モッテン・リンドベルグ

【SACDハイブリッド 音声仕様】
 SACD 5.1 surround
 SACD stereo
 CD stereo

【Pure Audio Bluray 音声仕様】
 5.1 DTS-HD MA (24bit/192kHz)
 2.0 LPCM (24bit/192kHz)
 *インデックス以外の映像は収録されておりません。
 *ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

【ブルーレイ・オーディオ】
「ブルーレイ・オーディオ」とは、動画ではなく音声が主役のブルーレイ・ディスクのことです。専用機器が必要な「DVDオーディオ」とは異なり、通常のブルーレイ機器があれば、そのまま再生できるので、ブルーレイ・レコーダーなどの普及率が高い日本の場合、実はもっとも手軽な高音質メディアといえるのかもしれません。
 ブルーレイ・ディスクは、SACDの5倍以上という大容量の記録をおこなうことが可能なため、各種マルチチャンネル音声などにも期待ができるところです。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品