CD

アレサ・フランクリン・アンド・キング・カーティス・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト〜完全盤 (4CD)

Aretha Franklin (アレサ・フランクリン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR18472
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
参加人物・団体
:

商品説明

クィーン・オブ・ソウル〜アレサ・フランクリンの絶頂期をとらえた名盤『アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト』(1971)が完全版4枚組となって、3日間の演奏すべてを収録し一般市販商品として再登場。

《収録》
1971年3月5、6、7日 米国カリフォルニア州サン・フランシスコ フィルモア・ウェスト 

《演奏》
キング・カーティス(サックス)とキング・ピンズ、ビリー・プレストン(オルガン)、スィートハーツ・オブ・ソウル(コーラス)、レイ・チャールズ(スペシャル・ゲスト、ヴォーカル・オルガン)
 
■ ライノによるニュー・ミキシング/リマスタリング
■ プロデュース:ジェリー・ウェクスラー、アリフ・マーディン

★名盤『アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト』
1967年アレサはコロンビアからアトランティックに移籍、ジェリー・ウェクスラーの的確なプロデュースにより彼女の天賦の才能が花開き一躍ソウル界の寵児となった。ウェクスラーは彼女を真のトップ女性シンガーに育てるべく、当時最も急進的であった都市、サン・フランシスコにアレサを連れ出した。ウェクスラーはそのロケーションにあえてグレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレインらが根城にしていたロックの聖地「フィルモア・ウェスト」を選んだ。1971年3月5日から3夜連続で公演は行われた。ほとんどの観客は白人ではあったが、アレサはキング・カーティス、ビリー・プレストン、コーネル・デュプリーらを従えノリノリのステージを披露、満杯の客をとりこにした。この模様は当初からアルバム・リリースするべく3夜とも録音され、最終日3月7日客として来ていたレイ・チャールズの飛び入りパフォーマンスも見事に記録された。まさにアトランティック・ソウルのキングとクィーンの奇跡のコラボレーションが実現された夜であった。『アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト』と称されたアルバムは1971年6月発売されアルバム・チャート7位まで上昇、アレサにとって5枚目のゴールド・アルバムとなった。以後歴史的名盤として後世に語り継がれている。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

“クイーン・オブ・ソウル”アレサ・フランクリンの絶頂期を捉えた名盤。キング・カーティスやビリー・プレストンらを従え、ノリノリのステージを展開している。客として来ていたレイ・チャールズの飛び入りパフォーマンスも記録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Aretha Franklin

"レディ・ソウル"アレサは14歳でデトロイトのJVBから遂にシンガー・デビューを果し、1960年、CBSコロンビアから「Today I Sing The Blues」で正式デビュー。66年アトランティック・レコードと契約、67年シングル「Respect」で名実共にR&B界の”女王”として君臨。68 年から70まで3年連続でグラミー賞最優秀R&B女性アーティストを受賞。70年代にも、サイモン&ガー

プロフィール詳細へ

Aretha Franklinに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品