CD

Il Giardino Armonico Musica Barocca

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS11124
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

イタリアの刺激的な古楽アンサンブル、イル・ジャルディーノ・アルモニコが「パッヘルベルのカノン」や「アルビノーニのアダージョ」などのバロック音楽の名曲を録音。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
テレビ番組の名前ではありませんが、とにか...

投稿日:2022/06/04 (土)

テレビ番組の名前ではありませんが、とにかく「クセが強すぎる」演奏です。普通にバロック音楽が好きな人は食当たりを起こしますので注意が必要です。おなかが痛くなったらイ・ムジチあたりを処方(聴く)をお勧めします。

jin さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
”ムジカ・バロッカ” アンソロジーの名盤...

投稿日:2017/02/07 (火)

”ムジカ・バロッカ” アンソロジーの名盤だ 今更四の五の言う代物じゃない バッロクを象徴する8人の10曲と民謡1曲が並ぶ たった一枚のCDだが実に聞きごたえがある 構成は前後半で特徴を異にする 前半はバッハ ヴィヴァルディ マルチェッロの多楽章曲を聞かせる 三曲の間はアルビローニの異なるアダージョが間奏曲の役目を果たす もうこの前半だけでコンサートが成立している贅沢さだ 後半はテレマン パッヘルベル 民謡 パーセル ヘンデル そして三度アルビローニの別のアダージョで締めくくる こちらはどれも小品若しくは抜粋楽章が連なって飽きさせない 見事なプログラミングにため息が漏れる 最高のヴァイオリニスト オノフリあればハーモニーの庭は生き生きと鳴り響き時を進める この心地よさは何物でも置き換え得ない 一人でも多くの人に耳傾けてはいかがと言わずにいられず筆をとった    

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
イルジャルディーノアルモニコもこの頃(20...

投稿日:2017/01/29 (日)

イルジャルディーノアルモニコもこの頃(2001年)になると、彼らにしてはやや激しさが後退し、余裕を感じる演奏となっている。それでもバッハはかなり激しい。小編成のオケでマルチマイクでややオン気味なので、音はよく取れているが好みは分かれるだろう。彼らの演奏でテレマンやゼレンカを聞いてみたい。

Dinkelbrot さん | 群馬県 | 不明

1

Baroque Classicalに関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品