Bill Bruford (ビル・ブルーフォード) レビュー一覧

Bill Bruford | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

74件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • Di sk5の冒頭にRoy Happer の共演が2曲収録されている...

    投稿日:2022/05/10

    Di sk5の冒頭にRoy Happer の共演が2曲収録されているが Roy Happer アルバム「HQ」1975年の1曲目Game part1-5を聴いて欲しい。ペースはZepのジョン・ポール・ジョーンズ 、ギターはPFのデビット・ギルモア。変拍子でリフがカッコイイ。2.3年前にリマスターされている。ビルらしい名演。

    ロックと競馬大好きオヤジ さん

    0
  • もともとビートルズが好きで、そのつながりでアランホ...

    投稿日:2022/05/05

    もともとビートルズが好きで、そのつながりでアランホワイトに興味を持ち、そのつながりでイエスを聴き、ビルブルフォードを知った。クリムゾンのRedやUKを聴いても初めはピンとくるものは無かったが、ソロ作品やBrufordの作品を聴いてハマりました。ちょうどロックからフュージョン、ジャズにも興味を持ち始めたころであり、Brufordの ブリティッシュフュージョンがツボにはまりました。スコン、スコンと心地よい変拍子。コージーパウエルも似たようなところがあると感じるという知人もいたがそうやろうか? イエスやクリムゾンにいたためビルの参加アルバムディスコグラフィーは充実しており、またセッション参加数もそれほど多くなく、また昨今の再発ブームもありビル関係の作品の収集は比較的容易ではあった。それでも入手困難なものもあり、あきらめてはいたが、ここにきてこのような編集版はありがたい。すでに現役を引退されているので新譜はないためこのような編集物や発掘物に今後は期待。特にホールズワースと組んでいたころやウェイクマン/ウェットン/ブルフォードの発掘物を期待する。ブルフォードが叩けばプログレや上質のフュージョンになるという期待からビルの参加作品を買い求めているが、全部が全部そうではないですね。同じように私が参加作品をこまめに集めている人にジャコパストリアスとジェフベック、ホールズワースがいる。ジャコにはセッションワークを集めた編集版が出ていたと思う。バンドとしてではなくプレイヤーとしてのプレイを聴きたいと思わせる人たちです。ジャコにしろジェフにしろセッション参加では彼ららしいというプレイとは言えないもの、本当に参加しているのか音ではわからないものもありますが、ファン心理としてはとにかく持っておきたいというものです。 選曲の基準は気になるが、こんな演奏をしていたのだというのがわかるだけでもうれしい。ウェットンと組んでいたころの演奏やBrufordの頃が個人的には好きだ。 NMVのサイトで紹介されている収録曲と実際が一部異なることに気が付いた。HMVで紹介されている以下の曲は収録されていない。CD2-07、CD5-04、CD5-06、CD5-12、CD6-03。その代わり他の曲が収録されている。しかし、総曲数で実際は1曲少ない。(2022年5月5日時点の情報ですのでHMVのサイトには修正がかかるかも知れません)う〜ん、第2弾を期待します。

    30ラロッカ さん |60代

    0
  • ビルブルフォードに興味のある人なら買っても損はない...

    投稿日:2021/04/19

    ビルブルフォードに興味のある人なら買っても損はないと思います。 ビルが関わったバンド、つまりイエス、クリムゾン、ジェネシス、ゴング、UK、アースワークスに関するコメントが長短はありますが出てきて興味深いです。また、レコーディングに関わったアルディメオラ、ラルフタウナーについても出てきます。杏里や渡辺香津美は出てこない また、今まで知らなかったこともいくつか本書でわかりました(ビルがそう言っているだけであり事実かどうかはわかりませんが)。たとえば、故北村昌士氏の「キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて」ではビルはドライブ中に道に迷い、道を尋ねるために入ったコテージにロバートフリップがいて運命的にクリムゾンに加入することになったという風に書かれていたが、本書によればビルはイエス時代からクリムゾン加入を望んでおりフリップを追いかけていたがなかなか了承してもらえず、やっと了承を得て加入できたとある(クリムゾン全史の記載もこれに近い)。クリムゾンからデビッドクロスを追い出し、UKからアランホールズワースを追い出したのはジョンウェットンのベースの大音量だったとか、ジョンクラークをビルに紹介したのはアランホールズワースであり、それはビルがアランに「ブルフォードをやめるなら後任を紹介しろ」と言ったからであるとか。ビルの奥さんの話も出てきたりというのも意外だし、コーヒーの話もよく出てきてビルはコーヒー好きなようだ。 ロックビジネスの裏側が垣間見える記述もある。ビル自身が自分の性格はキツイと自覚しているとわかる記述もある。 残念なのは本書の翻訳が拙い。アマゾンでのレビューでも指摘されている。「太陽と戦慄」を「太陽と旋律」と誤訳(というより誤植)している部分もある。クリムゾン関係の文面ではあってはならないことであり、ちゃんと更正されていないことが露わ。翻訳という仕事は大変というのはわかるが、訳文に起伏がなく平坦な印象を受けるのと主語がわからず文章の意味がいまいちわからないところがあり読みづらい箇所があるのが難点。 しかし、ビルブルフォードについて音の作品以外のところから情報を得られるという意味で、またビルがイエス、クリムゾンなどのバンドをどう考えていたのかがわかるものとして価値のある書物と思う。

    30ラロッカ さん |60代

    0
  • このアルバムは通常のCDで既に所有していたが、マルチ...

    投稿日:2021/02/24

    このアルバムは通常のCDで既に所有していたが、マルチ・チャンネル音源を聴きたくて購入した。それほどびっくりするような効果は感じられなかったが、でもまあ、価格からすれば及第点か。再生環境が整っていない方にはお勧めしない。

    オレンヂ警報 さん

    1
  • BOXセットで直ぐ売り切れになった単品。2017リマスタ...

    投稿日:2019/11/11

    BOXセットで直ぐ売り切れになった単品。2017リマスターに5.1 サラウンドDVD付きのお得版。また直ぐに売り切れ?予約して購入して良かった。輸入版にしては紙ジャケットもしっかりしている。イギリスのジャズロックの名盤。

    ロックと競馬大好きオヤジ さん

    1
  • BOXセットで直ぐ売り切れになった単品。2017リマスタ...

    投稿日:2019/11/11

    BOXセットで直ぐ売り切れになった単品。2017リマスターに5.1 サラウンドDVD付きのお得版。また直ぐに売り切れ?予約して購入して良かった。輸入版にしては紙ジャケットもしっかりしている。

    ロックと競馬大好きオヤジ さん

    2
  • 新しいリミックス盤は賛否両論ですが、私はハイレゾっ...

    投稿日:2019/03/13

    新しいリミックス盤は賛否両論ですが、私はハイレゾっぽい音なので、非常に気に入っています。 以前のミックスもDVD-Audioに収録されているので、聴く事が可能です。 至れり尽くせりのBOXです。

    TOM さん

    2
  • 改めて聴いてみると良いなと。 デイブスチュアート(...

    投稿日:2014/01/22

    改めて聴いてみると良いなと。 デイブスチュアート(EGG>KAHN>HATFIELD>NATIONALHEALTH)が好きです。 1979年の大学でのコンサート映像も必見です。

    なべっち さん

    0
  • 貴重なBrufordのライブ音源。しかもホールズワース在...

    投稿日:2013/05/13

    貴重なBrufordのライブ音源。しかもホールズワース在籍時。しかもアーネット・ピーコック出演。 発売当時すぐに買いました(CDです)。 なんといってもUntil Sundayの演奏が最高です。イントロのところがなんとも哀愁味を帯びています。 テレビ・ショウの音源だからこんなものかもしれないが、もっと多くの曲を収録したライブ盤のリリースを期待したいです。 メンバーなのだから当たり前ではありますが、ホールズワースのギターのすばらしさを一番引き出したバンドがBrufordであり、デイブ・スチュアートの才能も難解ではない方面で開花しており、ジェフ・バーリンものびのび演奏。 ブルフォードの変拍子も随所で冴えており、ブリティシュ・フュージョンの最高峰バンドでした。スタジオ盤ももっと出して欲しかったが、メンバーの放浪癖もあり長続きは難しかったか。 メンバー固定されているためか、ブルフォードの才能のためかブランドXよりも曲の展開に無理がなく洗練されています。

    30ラロッカ さん |50代

    2
  • アースワークス(アコースティック)初期メンバーのラ...

    投稿日:2011/05/22

    アースワークス(アコースティック)初期メンバーのライヴ映像。サックスやピアノはこの後に入れ替わってるので、貴重な映像作品になるのかも知れない。こういったライヴを楽しめるのは嬉しいんだけど、細かい音のニュアンスが聴こえにくい。録音のせいなのか狙ってるのか判らないけど。エレキの編成の時よりも気を配って録らないと、曲がぼやけちゃうよ。

    yesxyz さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%