CD 輸入盤

アート・オブ・ジェイムズ・レヴァイン(23CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4822464
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


アート・オブ・ジェイムズ・レヴァイン(23CD)
レヴァイン&シカゴ響、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、メト管、ほか


イタリア・ユニバーサルの「THE ART OF 〜」シリーズに、レヴァインのボックスが登場。レヴァインといえば、どんなオケを指揮しても鳴りっぷりの良いサウンドを引き出す天才的な手腕と、楽曲構造を堅牢に示し、旋律も正確な拍でよく歌わせるという完成度の高い音楽づくりに特徴があります。
 1980年代なかばにRCAからドイツ・グラモフォンに移ってからは、重厚さや抒情美への傾倒もみせるようになり、声楽大作の指揮でも実力を発揮しました。また、長年メトで培った劇場感覚を活かした起伏の大きな指揮にさらにスケール感が加わったのもこの時期の特徴で、1990年代なかばまでの約10年間に集中して数多くの録音を制作することになります。
 大迫力の快感に浸れる『惑星』、プロコフィエフ5番、『春の祭典』、『展覧会の絵』、『英雄』、『オルガン付』、重厚さと繊細さの共存した『幻想交響曲』、『新世界』、新ウィーン楽派作品集、『グレート』、『未完成』、シベリウス2番、シューマン1&4番などなど、心地よい聴きもの多数の充実した内容のセットなっています。

【ジェイムズ・レヴァイン】
10歳でピアニストとしてデビューしたレヴァインは、その後、ルドルフ・ゼルキンや、ジョゼフ・レヴィン、ジャン・モレル、そしてラサール四重奏団のワルター・レヴィンといった巨匠たちの薫陶を受け、さらに1965年からの5年間はジョージ・セルの助手を務めて実力をつけていきます。
 そうした努力が実って、1970年、27歳でフィラデルフィア管弦楽団で指揮者デビューして成功を収め、同年、サンフランシスコとウェールズではオペラ・デビューして評判となり、翌年にはメトロポリタン歌劇場にも登場、1973年にはシカゴ交響楽団のラヴィニア音楽祭音楽監督に就任するという、プロとして華々しいスタートを切ることになったレヴァイン。
 ピアノ、室内楽、コンサート指揮、オペラ指揮という4つの部門で腕を磨き、それぞれの分野で活躍していたレヴァインの才能にはすごいものがありましたが、レコーディングでもそれは確認することが可能です。(HMV)

【収録情報】

Disc1-2
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 Op.123
 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 ジェシー・ノーマン(アルト)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 クルト・モル(バス)
 ライプツィヒ放送合唱団
 スウェーデン放送合唱団
 ゲルハルト・ヘッツェル(ヴァイオリン)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1991年8月
 録音場所:ザルツブルク、祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc3
● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調『英雄』Op.55
● シューベルト:交響曲第8(7)番ロ短調『未完成』D.759

 メトロポリタン歌劇場管弦楽団

 録音時期:1993年6月
 録音場所:ニューヨーク、マンハッタン・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc4
● ベルク:3つの小品 Op.6
● ヴェーベルン:6つの小品 Op.6
● シェーンベルク:5つの管弦楽曲 Op.16

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1986年6月、12月
 録音場所:ベルリン、イエス=キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc5-6
● ベルリオーズ:レクィエム ト短調 Op.5
● ベルリオーズ:序曲『海賊』Op.21
● ベルリオーズ:歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』序曲 Op.23
● ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』 Op.9

 ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
 エルンスト・ゼンフ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1989年5月、1991年2月(序曲)
 録音場所:ベルリン、イエス=キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc7
● ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14
● ベルリオーズ:歌劇『トロイ人』〜「王の狩りと嵐」

 RIAS室内合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1990年2月
 録音場所:ベルリン、イエス=キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション

Disc8-10
● ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68
● ブラームス:アルト・ラプソディ Op.53
● ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73
● ブラームス:悲劇的序曲 Op.81
● ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 Op.90
● ブラームス:交響曲第4番ホ短調 Op.97

 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1992〜1995年
 録音場所:ウィーン、ムジークフェライン大ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc11
● サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調『オルガン付き』Op.78
● デュカス:『魔法使いの弟子』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1986年6月
 録音場所:ベルリン、イエス=キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション

Disc12
● ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88
● ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調『新世界より』Op.95

 シュターツカペレ・ドレスデン

 録音時期:1990年、1994年
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション

Disc13-14
● ハイドン:オラトリオ『天地創造』Hob.XXI-2 全曲

 キャスリーン・バトル(ソプラノ)
 エスタ・ヴィンベルイ(テノール)
 クルト・モル(バス)
 スウェーデン放送合唱団
 ストックホルム室内合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ジェイムズ・レヴァイン(指揮)

 録音時期:1987年12月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc15
● ホルスト:組曲『惑星』Op.32

 シカゴ交響楽団&合唱団

 録音時期:1989年6月
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc16
● マーラー:『大地の歌』

 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)
 ジークフリート・イェルザレム(テノール)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1992年11月
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc17
● モーツァルト:セレナーデ第13番『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』K.525
● モーツァルト:セレナーデ第9番『ポストホルン』K.320

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1982年6月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェライン大ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc18
● ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編曲)
● ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』

 メトロポリタン歌劇場管弦楽団

 録音時期:1992年5月
 録音場所:ニューヨーク、マンハッタン・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc19
● プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調『古典』Op.25
● プロコフィエフ:交響曲第5番変ロ長調 Op.100

 シカゴ交響楽団&合唱団

 録音時期:1992年6、7月
 録音場所:シカゴ、メダイナ・テンプル
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc20
● シューベルト:劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』抜粋
● シューベルト:交響曲第9(8)番ハ長調『ザ・グレート』D.944

 シカゴ交響楽団&合唱団

 録音時期:1983年、1984年
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

Disc21
● シューマン:交響曲第1番変ロ長調『春』Op.38
● シューマン:交響曲第4番ニ短調 Op.120
● シューマン:『マンフレッド』序曲 Op.115

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1990年2月
 録音場所:ベルリン、イエス=キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc22
● シベリウス:フィンランディア Op.26
● シベリウス:悲しきワルツ
● シベリウス:交響曲第2番ニ長調 Op.43

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:1991、1992年
 録音場所:ベルリン、シャウシュピールハウス(交響曲)、フィルハーモニー(その他)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc23
● R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』Op.35
● R.シュトラウス:交響詩『死と変容』Op.24

 ジェリー・グロスマン(チェロ)
 マイケル・ウズニアン(ヴィオラ)
 メトロポリタン歌劇場管弦楽団

 録音時期:1993年6月
 録音場所:ニューヨーク、マンハッタン・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 ジェイムズ・レヴァイン(指揮)

収録曲   

  • 01. LUDWIG VAN BEETHOVEN Missa Solemnis, Symphony No. 3 Eroica
  • 02. ALBAN BERG Orchestral Pieces Op. 6, Op. 16
  • 03. HECTOR BERLIOZ Symphonie Fantastique Op. 14 Le Carnaval Romain Op. 9 Requiem Op. 5 Le Corsaire Op. 21 Benvenuto Cellini Op. 23,
  • 04. JOHANNES BRAHMS Symphonies Nos. 1 4
  • 05. PAUL DUKAS L Apprenti Sorcier
  • 06. ANTONIN DVORK Symphonies Nos. 8 9
  • 07. JOSEPH HAYDN La Creazione
  • 08. GUSTAV HOLST The Planets Op. 32
  • 09. GUSTAV MAHLER Das Lied Von Der Erde
  • 10. WOLFGANG AMADEUS MOZART Serenades K 525, K 320
  • 11. MODEST MUSSORGSKY Quadri di una esposizione
  • 12. SERGE PROKOFIEV Symphonies No . 1 & 5
  • 13. CAMILLE SAINT- SA?NS Symphony No. 2 Organ
  • 14. FRANZ SCHUBERT Rosamunde, Symphony No. 8 Incompiuta & No. 9
  • 15. IGOR STRAVINSKY Le Sacre du printemps

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レヴァイン、という名前を聞いて10年前まで...

投稿日:2021/07/24 (土)

レヴァイン、という名前を聞いて10年前までなら、アメリカが誇る世界的オペラ指揮者でシンフォニーレパートリーも若い頃のマーラーを筆頭にいい演奏が多い、などと語り合ったものです。METが長過ぎたのでしょうか?その後のミュンヘン・フィルやボストン交響楽団とは余り良くなかったようで、晩年は追い討ちをかけるように醜聞の嵐。最近は殆ど話題にも出ませんね。追悼の意味で当boxを購入しました。モーツァルトの交響曲全集を所有しているので、交響曲が入ってなかったことが背中を押してくれました。ダブりは「惑星」のみ。荘厳ミサのソロがヘッツェル、神々しいソロです。ベルリオーズのレクイエムのソロはパヴァロッティ。ヴェルディのレクイエムよりオペラ的な印象。ベルリン・フィルとのサン・サーンスは壮麗で雄大。ウィーンとのブラームスは早めのテンポを基調として、何だか一時代前の巨匠のよう。ということで名演が詰まっているアルバムと言えるでしょう。晩年の一連の事件のせいで、追悼大全集boxは見込み薄かもしれない。放送音源を発掘してマーラー全集だけでも何とかなりませんかね。

白文鳥 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ジェームズ・レヴァインは才能を持て余して...

投稿日:2015/12/12 (土)

ジェームズ・レヴァインは才能を持て余してしまった指揮者だと思う。 ここに収録されているCDの半数を持っているが、 シカゴ交響楽団とウィーンフィルハーモニーは相性が良い。 しかしベルリンフィルとは良かったり悪かったり、 メトロポリタン歌劇場管とは評価できる録音が無い。 圧巻はやはりホルスト「惑星」だと思う。 シカゴサウンド全開の演奏は同曲の最高。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

9

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品