CD 輸入盤

クレメンス・クラウス/デッカ録音全集(16CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4841704
組み枚数
:
16
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


オーストリアの偉大な指揮者によるデッカ録音全てを集大成。CD16枚組ボックス・セット

オーストリアの指揮者クレメンス・クラウスがデッカに行った広範囲にわたる全録音が初めてまとめられ発売されます。このCD16枚組ボックスで、新たにこの指揮者の比類なき才能に触れることができるでしょう。新規リマスタリング。オリジナル・ジャケット仕様。限定盤。
 クレメンス・クラウスは1947年、ロンドンでブラームスの作品を初めてデッカに録音し、その中にはキャスリーン・フェリアーが華麗な歌声を披露する『アルト・ラプソディ』もありました。その後録音が行われたのは、クラウスが1954年5月、メキシコでの演奏会の数時間後に心臓発作で亡くなるまでの7年足らずの間でしたが、数々の名録音が遺されました。特にリヒャルト・シュトラウスとヨハン・シュトラウスの両シュトラウスを得意とし、ここにもR.シュトラウスの『アルプス交響曲』以外の交響詩、クリステル・ゴルツが歌う『サロメ』、クラウスの妻であるヴィオリカ・ウルスレアクが終幕の三重唱を歌う『ばらの騎士』、そしてヨハン・シュトラウスのワルツとポルカが収録されています。R.シュトラウス自身とは緊密な関係にもありました。また、クラウスはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との関わりも深く、『ニューイヤー・コンサート』の創始者としても知られています。
 バックハウスとのベートーヴェンの協奏曲3曲はマニアの間でずっと愛され続け、さらに有名なのが『レオノーレ』『フィデリオ』序曲集で、『サロメ』とともに亡くなる直前の貴重な録音となります。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
1. 『レオノーレ』序曲第1番 Op.138
2. 『レオノーレ』序曲第2番 Op.72a
3. 『レオノーレ』序曲第3番 Op.72b
4. 歌劇『フィデリオ』序曲 Op.72
5. ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19


 ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ:5)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1954年3月(1-4)、1952年5月(5)、ウィーン
Disc2
ベートーヴェン:
1. ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
2. ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』


 ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1951年5月(1)、1953年5月(2)、ウィーン
Disc3
ブラームス:
1. アルト・ラプソディ Op.53
2. 大学祝典序曲 Op.80
3. ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
4. ハンガリー舞曲第1番ト短調
5. ハンガリー舞曲第3番ヘ長調

ドヴォルザーク:
6. スラヴ舞曲集第1集 Op.46より第3番変イ長調
7. スラヴ舞曲集第1集 Op.46より第5番イ長調
8. スラヴ舞曲集第1集 Op.46より第8番ト短調


 キャスリーン・フェリアー(コントラルト:1)
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団(1)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ロンドン交響楽団(2-8)
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1947年12月(1)、10月(2-5)、1949年1月(6-8)、ロンドン
Disc4
R.シュトラウス:
1. 交響詩『ドン・ファン』 Op.20
2. 交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28
3. 交響詩『英雄の生涯』 Op.40


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1950年6月(1,2)、1952年9月(3)、ウィーン
Disc5
R.シュトラウス:
1. 交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30
2. 交響詩『ドン・キホーテ』 Op.35


 ピエール・フルニエ(チェロ:2)
 エルンスト・モラヴェク(ヴィオラ:2)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1950年6月(1)、1953年6月(2)、ウィーン
Disc6
R.シュトラウス:
1. 家庭交響曲 Op.53
2. 組曲『町人貴族』 Op.60


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1951年9月(1)、1952年9月(2)、ウィーン
Disc7
R.シュトラウス:
1. 交響的幻想曲『イタリアより』 Op.16
2. 交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28
3. 交響詩『死と浄化(変容)』 Op.24


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ミラノ・スカラ座管弦楽団(2)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(3)
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1953年12月、ウィーン(1)、1947年7月、ミラノ(2)、1947年12月、ロンドン(3)
Disc8-9
● R.シュトラウス:『サロメ』 Op.54 全曲


 クリステル・ゴルツ(ソプラノ/サロメ)
 ユリウス・パツァーク(テノール/ヘロデ)
 マルガレータ・ケニー(メゾ・ソプラノ/ヘロディアス)
 ハンス・ブラウン(バリトン/ヨナカーン)
 アントン・デルモータ(テノール/ナラボート)
 エルゼ・シュールホフ(メゾ・ソプラノ/ヘロディアスの小姓)、他
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1954年3月、ウィーン
Disc10
1. ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』序曲 Op.72
2. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より前奏曲と『愛の死』
3. ワーグナー:『パルジファル』より『聖金曜日の音楽』
4. R.シュトラウス:『ばらの騎士』 Op.59より『私が誓ったことは』
5. モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527より『窓辺においで』
6. モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492より『もし踊りをなさりたければ』
7. モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492より『恋とはどんなものかしら』
8. モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492より『とうとう嬉しい時がきた〜恋人よ、ここへ』
9. モーツァルト:歌劇『イドメネオ』 K.366より『たとえ父上を失っても』
10. もういいの、すべてを聞いてしまったの〜恐れないで、愛する人よ K.490
11. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より『慕わしき御名』
12. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より『いつも日曜日に教会で』


 ティアナ・レムニッツ、エルナ・ベルガー、ヴィオリカ・ウルスレアク(ソプラノ:4)
 パウル・シェフラー(バス・バリトン:5,6)
 ヒルデ・ギューデン(ソプラノ:7-12)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(1-3)
 シュターツカペレ・ベルリン(4)
 ナショナル交響楽団(5,6)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(7-12)
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1949年1月(1-3)、1947年9月(5,6)、ロンドン、1936年4月、ベルリン(4)、1951年9月、ウィーン(7-12)
Disc11-12
● J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』全曲


 ユリウス・パツァーク(テノール/アイゼンシュタイン)
 ヒルデ・ギューデン(ソプラノ/ロザリンデ)
 アルフレート・ペル(バリトン/ファルケ博士)
 ヴィルマ・リップ(ソプラノ/アデーレ)
 ジークリンデ・ワーグナー(コントラルト/オルロフスキー公爵)
 クルト・プレガー(バリトン/フランク)
 アントン・デルモータ(テノール/アルフレード)
 アウグスト・ヤレッシュ(テノール/ブリンド伯爵)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1950年9月、ウィーン
Disc13-14
● J.シュトラウス2世:喜歌劇『ジプシー男爵』全曲


 アルフレート・ペル(バリトン/ホモナイ伯爵)
 カール・デンヒ(バス/カルネロ伯爵)
 ユリウス・パツァーク(テノール/シャンドール・バリンカイ)
 クルト・プレガー(テノール/カールマン・ジュパン)
 エミー・ローゼ(ソプラノ/アルゼーナ)
 ステッフィ・レヴェレンツ(ソプラノ/ミラベッラ)
 アウグスト・ヤレッシュ(テノール/オットカール)
 ロゼッテ・アンダイ(コントラルト/ツイプラ)
 ヒルデ・ツァデク(ソプラノ/ザッフィ)
 フランツ・ビールバッハ(バス/パリ)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1951年4月、ウィーン
Disc15
1. J.シュトラウス2世:ワルツ『ウィーンの森の物語』 Op.325
2. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ『とんぼ』 Op.204
3. ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『わが人生は夢と喜び』 Op.263
4. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『騎手』 Op.278
5. J.シュトラウス2世:ポルカ『ハンガリー万歳』 Op.332
6. J.シュトラウス2世:エジプト行進曲 Op.335
7. J.シュトラウス2世:ポルカ『クラップフェンの森で』 Op.336
8. J.シュトラウス2世:ポルカ『観光列車』 Op.281
9. J.シュトラウス2世&ヨーゼフ・シュトラウス:ピツィカート・ポルカ
10. J.シュトラウス2世:ワルツ『芸術家の生活』 Op.316
11. J.シュトラウス2世:ワルツ『春の声』 Op.410


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1951年9月(1-9)、1950年6月(10,11)、ウィーン
Disc16
1. ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『オーストリアの村つばめ』 Op.164
2. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ『小さな水車』 Op.57
3. J.シュトラウス2世:ワルツ『朝刊』 Op.279
4. J.シュトラウス2世:歌劇『騎士パズマン』 Op.441より『チャールダーシュ』
5. J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル『狩り』 Op.373
6. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『憂いもなく』 Op.271
7. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ『鍛冶屋』 Op.269
8. J.シュトラウス2世:ポルカ『町と田舎』 Op.322
9. J.シュトラウス2世:常動曲 Op.257
10. J.シュトラウス2世:ワルツ『わが家で』 Op.361
11. ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『天体の音楽』 Op.235
12. J.シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』 Op.314
13. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『おしゃべりなかわいい口』 Op.245
14. ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル『休暇旅行で』 Op.133
15. J.シュトラウス2世:アンネン・ポルカ Op.117
16. J.シュトラウス1世:ラデツキー行進曲 Op.228


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音:1952年5月(1-3)、9月(4-9)、1953年12月(10-16)、ウィーン

 モノラル録音(セッション)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品