CD 輸入盤

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/デッカ録音集(3CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4828537
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


20世紀の偉大な指揮者フルトヴェングラーの貴重なモノラル録音集

20世紀の偉大な指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの録音集です。2つの伝説のスタジオ録音、ロンドン・フィルハーモニーとのブラームスの交響曲第2番と、ウィーン・フィルハーモニーとのフランクの交響曲、そして1951年ウィーン・フィルハーモニーとのミュンヘンでのコンサートからのベートーヴェンの序曲『コリオラン』、シューマンの交響曲第1番、ブルックナーの交響曲第4番の録音が収録されています。どれも貴重な録音です。モノラル録音。CD3枚組。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
1. ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62
2. ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音:1951年10月、ミュンヘン/ライヴ (1)、1948年3月、ロンドン/セッション(2)

Disc2
1. シューマン:交響曲第1番変ロ長調 Op.38『春』
2. フランク:交響曲ニ短調


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音:1951年10月、ミュンヘン/ライヴ(1)、1953年12月、ウィーン/セッション(2)

Disc3
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調 WAB104『ロマンティック』


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音:1951年10月、ミュンヘン/ライヴ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
凄く、お買い得です。珍しいフルトベングラ...

投稿日:2021/10/07 (木)

凄く、お買い得です。珍しいフルトベングラー指揮ロンドン・フィルハーモニー交響楽団との「ブラームス:交響曲第2番」は、珍品中の珍品です。アメリカ的な明るさでなく、爽やかなブラームスを演奏している。矛盾しているが、事実だから仕方がない。フルトヴェングラーの個性を失わず爽やかに、演奏してる。また、スタジオ録音の「フランクの交響曲」は、私には、同じウィーン・フィル・ハーモニーによる戦時中録音より、聴きやすく大好きなものです。さらに、ほかの、ウィーン・フィル・ハーモニーのライブ録音も、あまり、手を入れていない生の演奏らしくて、非常に好ましい。リマスター版は、音色向上するも、フルトヴェングラーらしい個性も失っている時がある。代表的な例が、ここに収録されているシューマンの交響曲第1番「春」だ。フルトヴェングラーは、「マーラー版」と同じく「トライアングル」を追加しています。これが、弦楽合奏の合間から心地よく響いてくるのが、フルトヴェングラー版のあじなのだが、リマスター版は、楽譜に合わせて無惨に「トライアングル」の音を雑音として、消してしまっている。さすがに、ブラームスの「ハイドン・バリエーション」では、ある程度残っているが、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」のリマスター版は、有名な話第4楽章の「トルコ行進曲」の部分では、リマスター版の制作者の好みらしくて、あるのと無いのと両方存在する。この様に、あまり、手を加えて無い録音と言うのが、非常に好ましい。是非とも、買うべきだ。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

2

Box Set Classicalに関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品