CD 輸入盤

指揮者ピエール・ブーレーズ/ドイツ・グラモフォン&デッカ録音全集(84CD+4BD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4860915
組み枚数
:
84
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, Blu-ray Disc付き,輸入盤

商品説明


20世紀音楽に大きな影響を与えた指揮者の輝かしい録音を集大成

ピエール・ブーレーズが指揮者としてドイツ・グラモフォンとデッカに行ったすべての録音が初めてまとめて発売されます。ブーレーズの原点ともいえるバルトーク、マーラー、ラヴェル、ストラヴィンスキー、シェーンベルクによる作品が収録されています。ブーレーズがドビュッシー、マーラー、ヴェーベルンについて語ったインタビューCD付き(世界初発売)。また、バイロイト開場100年記念、パトリス・シェロー演出によるワーグナー:『ニーベルングの指環』のブルーレイ・ディスクもセットされています。CD84枚+BD4枚組ボックス・セット。限定盤。
 ブーレーズはあらゆる音楽活動の開拓者であり、深い洞察力のある独創性を持つ思想家で、1950年代から亡くなる2016年まで多大な影響力を持つ重要な音楽家でした。ドイツ・グラモフォンは40年以上にわたり作曲家、指揮者として音楽活動を行ったブーレーズの多くの重要な作品を提供してきました。その集大成がこのボックス・セットです。
 オリジナル・ジャケット仕様。ブックレット(208ページ)にはトラック・リスト、写真集、詳しい解説(英語・フランス語・ドイツ語)が掲載され、充実した内容となっています。
 ブルーレイ・ディスク収録のワーグナー:『ニーベルングの指環』は日本語字幕入り。

*制作の最終段階でディスク84を追加したため、ディスク84に関する記載がブックレットに入れられなかった旨のメッセージが印刷されたシートが封入され、そのシートの裏面と紙ジャケ裏にディスク84のトラック・リストが表記されております。予めお詫び申し上げます。(輸入元情報)


【収録情報】
Disc1
バルトーク:
1. 4つの小品 Op.12
2. 管弦楽のための協奏曲 Sz.116


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1992年12月、シカゴ
Disc2
バルトーク:
1. 舞踏組曲 Sz.77
2. 2つの映像 Sz.46(花ざかり/村の祭り)
3. ハンガリーの風景 Sz.97(トランシルヴァニアの夕べ/熊踊り/メロディ/ほろ酔い/豚飼いの踊り)
4. 弦楽のためのディヴェルティメント Sz.113


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1992年12月(1,2)、1993年12月(3,4)、シカゴ
Disc3
バルトーク:
1. 中国の不思議な役人 Sz.73
2. 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106


 シカゴ交響合唱団(1)
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年12月、シカゴ
Disc4
バルトーク:
1. カンタータ・プロファーナ Sz.94
2. バレエ音楽『かかし王子』 Sz.60


 ジョン・エイラー(テノール:1)
 ジョン・トムリンソン(バリトン:1)
 シカゴ交響合唱団(1)
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1991年12月、シカゴ
Disc5
バルトーク:
1. ピアノ協奏曲第1番 Sz.83
2. ピアノ協奏曲第2番 Sz.95
3. ピアノ協奏曲第3番 Sz.119


 クリスティアン・ツィマーマン(ピアノ:1)
 レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ:2)
 エレーヌ・グリモー(ピアノ:3)
 シカゴ交響楽団(1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 ロンドン交響楽団(3)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2001年11月、シカゴ(1)、2003年2月、ベルリン(2)、2004年10月、ロンドン(3)
Disc6
バルトーク:
1. 2台のピアノ、打楽器と管弦楽のための協奏曲 Sz.115
2. ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36
3. ヴィオラ協奏曲 Sz.120(シェルイ補筆完成版)


 ピエール=ロラン・エマール、タマラ・ステファノヴィチ(ピアノ:1)
 ニール・パーシー、ナイジェル・トーマス(打楽器:1)
 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン:2)
 ユーリ・バシュメット(ヴィオラ:3)
 ロンドン交響楽団(1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(2,3)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2008年5月、ロンドン(1)、2004年3月、ベルリン(2,3)
Disc7
バルトーク:
1. ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112
2. ラプソディ第1番 Sz.87
3. ラプソディ第2番 Sz.90


 ギル・シャハム(ヴァイオリン)
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1998年12月、シカゴ
Disc8
● バルトーク:歌劇『青ひげ公の城』 Sz.48 全曲


 ジェシー・ノーマン(ソプラノ/ユディット)
 ラースロー・ポルガール(バリトン/青ひげ)
 ニコラス・サイモン(語り)
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1993年12月、シカゴ
Disc9
ベルク:
1. ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲
2. 『ルル』組曲


 ダニエル・バレンボイム(ピアノ:1)
 ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン:1)
 アンナ・プロハスカ(ソプラノ:2)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン(1)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1977年6月、パリ(1)、2011年7月、ザルツブルク/ライヴ(2)
Disc10-12
● ベルク:歌劇『ルル』全曲(チェルハ補筆三幕版)


 テレサ・ストラータス、ジェーン・マニング(ソプラノ)
 ハンナ・シュヴァルツ、イヴォンヌ・ミントン(メゾ・ソプラノ)
 ケネス・リーゲル、ロバート・ティアー、ヘルムート・パンプフ(テノール)
 フランツ・マツーラ、トニ・ブランケンハイム(バリトン)
 ジュール・バスタン(バス)
 パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1979年3月、パリ
Disc13
ベルリオーズ:
1. 幻想交響曲 Op.14
2. トリスティア Op.18


 クリーヴランド管弦楽団合唱団(2)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年3月、クリーヴランド
Disc14-15
● ベルリオーズ:劇的交響曲『ロメオとジュリエット』 Op.17


 メラニー・ディーナー(ソプラノ)
 ケネス・ターヴァー(テノール)
 デニス・セードフ(バス)
 クリーヴランド管弦楽団&合唱団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2000年5月、クリーヴランド
Disc16
バートウィッスル:
1. テセウス・ゲーム
2. アース・ダンス


 ローランド・ディリー(クラリネット:1)
 ヘルマン・クレッチマー(ピアノ:1)
 マルタ・ファビアン(ツィンバロン:1)
 アンサンブル・モデルン(1)
 アンサンブル・モデルン管弦楽団(2)
 マーティン・ブラビンズ&ピエール=アンドレ・ヴァラド(指揮:1)
 ピエール・ブーレーズ(指揮:2)

 録音:2003年9月、ドイツ(1)、2001年10月、フランクフルト(2)
Disc17
バートウィッスル:
1. トラゴエディア
2. 5つのディスタンス
3. Three Settings of Celan
4. シークレット・シアター


 クリスティーン・ホイットルジー(ソプラノ:3)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1993年6月、パリ
Disc18
ブーレーズ:
1. 12のノタシオン
2. 『2台のピアノのためのストリュクチュール』第2巻
3. …爆発・固定…


 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ:1,2)
 フローラン・ボファール(ピアノ:2)
 ソフィー・シェリエ、エマニュエル・オフェール、ピエール=アンドレ・ヴァラド(フルート:3)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン(3)
 ピエール・ブーレーズ(指揮:3)

 録音:1993年6月(1,2)、1994年10月(3)、パリ
Disc19
ブーレーズ:
1. ル・マルトー・サン・メートル
2. デリーヴ第1番
3. デリーヴ第2番


 ヒラリー・サマーズ(メゾ・ソプラノ:1)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2002年9月、パリ
Disc20
● ブーレーズ:プリ・スロン・プリ


 クリスティーネ・シェーファー(ソプラノ)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮:2)

 録音:2001年1月、パリ
Disc21
ブーレーズ:
1. レポン
2. 二重の影の対話


 アラン・ダミアン(クラリネット:2)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン(1)
 ピエール・ブーレーズ(指揮:1)

 録音:1996年9月、パリ
Disc22
ブーレーズ:
1. シュル・アンシーズ(3つのピアノ、3つのハープ、3つのパーカッション・クラヴィーアのための)
2. メサジェスキス(6つのチェロとチェロ独奏のための)
3. アンセム2(ヴァイオリンとエレクトロニクス音楽のための)


 ディミトリ・ヴァシラキス、永野英樹、フローラン・ボファール(ピアノ:1)
 フレデリック・カンブルラン、サンドリーヌ・シャトロン、マリアンヌ・ル・マンテック(ハープ:1)
 ヴァンサン・ボーエ、ダニエル・チャンポリーニ、ミシェル・セルッティ(パーカッション:1)
 ジャン=ギアン・ケラス(チェロ:2)
 カン・ヘスン(ヴァイオリン:3)
 アンドリュー・ゲルツォ(エレクトロニクス:3)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン(1)
 パリ・チェロ・アンサンブル(2)
 ピエール・ブーレーズ(指揮:1)

 録音:1999年12月(1,3)、10月(2)、パリ
Disc23
● ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108(ハース版)


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年9月、リンツ/ライヴ
Disc24
ドビュッシー:
1. 牧神の午後への前奏曲
2. 管弦楽のための映像
3. 交響組曲『春』


 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1991年3月、クリーヴランド
Disc25
ドビュッシー:
1. 夜想曲
2. 第1狂詩曲
3. バレエ音楽『遊戯』
4. 交響詩『海』


 フランクリン・コーエン(クラリネット:2)
 クリーヴランド管弦楽団合唱団(女声:1)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1993年3月、クリーヴランド
Disc26
リゲティ:
1. 13人の奏者のための室内協奏曲
2. ラミフィカシオン(12の弦楽器のための)
3. アヴァンチュール(3人の歌手と7人の器楽奏者のための)
4. ヌーヴェル・アヴァンチュール(3人の歌手と7人の器楽奏者のための)


 ジェーン・マニング(ソプラノ:3,4)
 メアリー・トーマス(メゾ・ソプラノ:3,4)
 ウィリアム・ピアソン(バス:3,4)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1981年3月(1)、1982年5月(2)、3月(3,4)、パリ
Disc27
リゲティ:
1. ピアノ協奏曲
2. チェロ協奏曲
3. ヴァイオリン協奏曲


 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ:1)
 ジャン=ギアン・ケラス(チェロ:2)
 サシュコ・ガヴリーロフ(ヴァイオリン:3)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1992年10月(1,2)、1993年6月(3)、パリ
Disc28
リスト:
1. ピアノ協奏曲第2番イ長調 S.125
2. ピアノ協奏曲第1番ホ長調 S.124
3. コンソレーション(慰め) S.172
4. 忘れられたワルツ第1番嬰ヘ長調 S.215-1


 ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
 シュターツカペレ・ベルリン(1,2)
 ピエール・ブーレーズ(指揮:1,2)

 録音:2011年6月、ドイツ
Disc29
マーラー:
1. 交響曲第1番ニ長調『巨人』
2. 交響詩『葬礼』(交響曲第2番『復活』第1楽章初稿)


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1998年5月(1)、1996年12月(2)、シカゴ
Disc30
● マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』


 クリスティーネ・シェーファー(ソプラノ)
 ミシェル・デヤング(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2005年6月、ウィーン
Disc31-32
マーラー:
1. 交響曲第3番ニ短調
2. 嘆きの歌


 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:1)
 ドロテア・レシュマン(ソプラノ:2)
 アンナ・ラーション(コントラルト:2)
 ヨハン・ボータ(テノール:2)
 ウィーン楽友協会女声合唱団(1)
 ウィーン国立歌劇場合唱団(2)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2001年2月、ウィーン(1)、2011年7月、ザルツブルク/ライヴ:(2)
Disc33
● マーラー:交響曲第4番ト長調


 ユリアーネ・バンゼ(ソプラノ)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1998年4月、クリーヴランド
Disc34
● マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年3月、ウィーン
Disc35
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年5月、ウィーン
Disc36
● マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』


 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年11月、クリーヴランド
Disc37-38
● マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』


 トワイラ・ロビンソン、エリン・ウォール、アドリアネ・ケイロス(ソプラノ)
 ミシェル・デヤング、シモーネ・シュレーダー(コントラルト)
 ヨハン・ボータ(テノール)
 ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(バリトン)
 ロベルト・ホル(バス)
 ベルリン国立歌劇場合唱団
 ベルリン放送合唱団
 カルヴ・アウレリウス少年合唱団
 シュターツカペレ・ベルリン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2007年4月、ベルリン
Disc39
● マーラー:交響曲第9番ニ長調


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1995年12月、シカゴ
Disc40
マーラー:
1. 歌曲集『子供の不思議な角笛』
2. 交響曲第10番嬰ヘ短調よりアダージョ


 マグダレーナ・コジェナー(メゾ・ソプラノ:1)
 クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン:1)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2010年2月、クリーヴランド/ライヴ
Disc41
マーラー:
1. 歌曲集『さすらう若者の歌』
2. リュッケルト歌曲集
3. 歌曲集『亡き子をしのぶ歌』


 トーマス・クヴァストホフ(バス・バリトン:1)
 ヴィオレータ・ウルマーナ(メゾ・ソプラノ:2)
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:3)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2003年6月、ウィーン
Disc42
● マーラー:大地の歌


 ミヒャエル・シャーデ(テノール)
 ヴィオレータ・ウルマーナ(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1999年10月、ウィーン
Disc43
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』


 シュターツカペレ・ベルリン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

  録音:2009年4月、ベルリン/ライヴ
Disc44
メシアン:
1. ミのための詩
2. 鳥たちの目覚め
3. 7つの俳諧


 フランソワーズ・ポレ(ソプラノ:1)
 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ:2)
 ジョエラ・ジョーンズ(ピアノ:3)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年11月(1)、1996年2月(2,3)、クリーヴランド
Disc45
メシアン:
1. クロノクロミー
2. 天より来りし都
3. われ使者の復活を待ち望む


 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1993年3月、クリーヴランド
Disc46
1. モーツァルト:セレナード変ロ長調 K.361『グラン・パルティータ』
2. ベルク:ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲


 内田光子(ピアノ:2)
 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン:2)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2008年3月、パリ
Disc47
ラヴェル:
1. 『マ・メール・ロワ』全曲
2. 海原の小舟
3. 道化師の朝の歌
4. スペイン狂詩曲
5. ボレロ


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1993年3月、ベルリン
Disc48
ラヴェル:
1. バレエ音楽『ダフニスとクロエ』全曲
2. ラ・ヴァルス


 ベルリン放送合唱団(1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年5月(1)、1993年3月(2)、ベルリン
Disc49
ラヴェル:
1. ピアノ協奏曲ト長調
2. 高雅で感傷的なワルツ
3. 左手のためのピアノ協奏曲ニ長調


 クリスティアン・ツィマーマン(ピアノ:1,3)
 クリーヴランド管弦楽団(1,2)
 ロンドン交響楽団(3)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年11月、クリーヴランド(1,2)、1996年7月、ワトフォード(3)
Disc50
ラヴェル:
1. 歌曲集『シェエラザード』
2. 組曲『クープランの墓』
3. 亡き王女のためのパヴァーヌ
4. 古風なメヌエット

ドビュッシー:
5. 神聖な舞曲と世俗的な舞曲
6. 『ボードレーヌの5つの詩』より第3曲『噴水』
7. フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード


 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:1)
 リサ・ウェルバウム(ハープ:5)
 アリソン・ハグリー(ソプラノ:6,7)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1999年4月、クリーヴランド
Disc51
シェーンベルク:
1. 交響詩『ペレアスとメリザンド』 Op.5
2. ピアノ協奏曲 Op.42


 内田光子(ピアノ:2)
 グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団(1)
 クリーヴランド管弦楽団(2)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2003年4月、東京/ライヴ(1)、2000年5月、クリーヴランド(2)
Disc52
シェーンベルク:
1. 月に憑かれたピエロ Op.21
2. 心のしげみ Op.20
3. ナポレオンへの頌歌 Op.41


 クリスティアーネ・シェーファー(ソプラノ)
 デイヴィッド・ピットマン=ジェニングス(バリトン:3)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1997年9月、パリ(1)、1998年6月、フランス(2,3)
Disc53-54
● シェーンベルク:歌劇『モーゼとアロン』全曲


 デイヴィッド・ピットマン=ジェニングス(朗誦)
 ガブリエレ・フォンターナ(ソプラノ)
 イヴォンヌ・ナエフ(アルト)
 クリス・メリット、ジョン・グラハム・ホール、パル・リンドスコグ(テノール)
 ジークフリート・ローレンツ(バリトン)
 ラースロー・ポルガール、ジェフ・ファン・ヴェルシュ、マイケル・デヴリン(バス)
 オランダ歌劇場合唱団
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1995年10月、アムステルダム
Disc55
スクリャービン:
1. 法悦の詩 Op.54
2. ピアノ協奏曲嬰ヘ短調 Op.20
3. プロメテ〜火の詩 Op.60


 アナトール・ウゴルスキ(ピアノ:2,3)
 シカゴ交響合唱団(3)
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1995年11月(1)、1996年12月(2,3)、シカゴ
Disc56
● R.シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年12月、シカゴ
Disc57
ストラヴィンスキー:
1. 幻想的スケルツォ Op.3
2. カンタータ『星の王』
3. 交響詩『うぐいすの歌』
4. 組曲『兵士の物語』


 ウィリアム・プリュシル(ヴァイオリン:4)
 クリーヴランド管弦楽団合唱団(2)
 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年11月(1)、1996年2月(2-4)、クリーヴランド
Disc58
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『火の鳥』全曲
2. 花火 Op.4
3. 管弦楽のための4つの練習曲


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1992年12月、シカゴ
Disc59
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『ペトルーシュカ』
2. バレエ音楽『春の祭典』


 クリーヴランド管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1991年3月、クリーヴランド
Disc60
ストラヴィンスキー:
1. 管楽器のための交響曲
2. 詩篇交響曲
3. 3楽章の交響曲

バートウィッスル:
4. 時の勝利


 ベルリン放送合唱団(2)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1-3)
 BBC交響楽団(4)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年2月、ベルリン(1-3)、1974年1月、ロンドン(4)
Disc61
ストラヴィンスキー:
1. エボニー・コンチェルト
2. クラリネット・ソロのための3つの小品
3. コンチェルティーノ(弦楽四重奏版)
4. 15人の器楽奏者のための『8つのミニチュア』
5. 協奏曲変ホ長調『ダンバートン・オークス』
6. エレジー(ヴィオラ・ソロのための)
7. 墓碑銘
8. 弦楽四重奏のための二重カノン


 ミシェル・アリニョン(クラリネット:1)
 ジェラール・コセ(ヴィオラ:6)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮、監修)

 録音:1981年12月(1-3,5,6)、1980年11月(4,7,8)、パリ
Disc62
ストラヴィンスキー:
1. パストラール
2. ヴェルレーヌの2つの詩
3. バーリモントの2つの詩
4. 3つの日本の抒情詩
5. わが幼き頃の思い出(3つの小さな歌曲)
6. プリバウトカ(戯歌)
7. 猫の子守歌
8. 4つの歌曲
9. チーリン・ボン
10. パラーシャの歌(マヴラ)
11. シェイクスピアの3つの歌曲
12. ディラン・トーマスの追悼のために
13. J.F.K.のための悲歌

ヴォルフ:
14. 2つの聖歌曲(ストラヴィンスキー編)


フィリス・ブリン=ジュルソン(ソプラノ:1,4,5,8-10)
ジョン・シャーリー=カーク(バリトン:2,6,13)
アン・マレイ(メゾ・ソプラノ:7,11,14)
ロバート・ティアー(テノール:12)
アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1980年10月、パリ
Disc63
シマノフスキ:
1. ヴァイオリン協奏曲第1番 Op.35
2. 交響曲第3番 Op.27『夜の歌』


 クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン:1)
 フォルクハルト・シュトイデ(ヴァイオリン:2)
 スティーヴ・ダヴィスリム(テノール:2)
 ウィーン楽友協会合唱団(2)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2009年6月(1)、2010年3月(2)、ウィーン
Disc64
ヴァレーズ:
1. アメリカ
2. アルカナ
3. デゼール(砂漠)
4. イオニザシオン


 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1995年12月(1,4)、1996年12月(2,3)、シカゴ
Disc65-66
● ワーグナー:『ラインの黄金』全曲


 ドナルド・マッキンタイア(バリトン/ヴォータン)
 マルティン・エーゲル(バリトン/ドンナー)
 ジークフリート・イェルザレム(テノール/フロー)
 ハインツ・ツェドニク(テノール/ローゲ)
 マッティ・サルミネン(バス/ファゾルト)
 フリッツ・ヒューブナー(バス/ファフナー)
 ヘルマン・ベヒト(バス/アルベリヒ)
 ハンナ・シュヴァルツ(メゾ・ソプラノ/フリッカ)、他
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1980年、バイロイト
Disc67-69
● ワーグナー:『ワルキューレ』全曲


 ペーター・ホフマン(テノール/ジークムント)
 マッティ・サルミネン(バス/フンディング)
 ドナルド・マッキンタイア(バリトン/ヴォータン)
 ジャニーヌ・アルトマイアー(ソプラノ/ジークリンデ)
 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)
 カルメン・レッペル(ソプラノ/ゲルヒルデ)
 カレン・ミドルトン(ソプラノ/オルトリンデ)
 ハンナ・シュヴァルツ(メゾ・ソプラノ/フリッカ)、他
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1980年、バイロイト
Disc70-72
● ワーグナー:『ジークフリート』全曲


 マンフレート・ユング(テノール/ジークフリート)
 ハインツ・ツェドニク(テノール/ミーメ)
 ドナルド・マッキンタイア(バリトン/さすらい人)
 ヘルマン・ベヒト(バス/アルベリヒ)
 フリッツ・ヒューブナー(バス/ファフナー)
 オルトルン・ヴェンケル(コントラルト/エルダ)
 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)
 ノーマ・シャープ(ソプラノ/森の小鳥)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1980年、バイロイト
Disc73-76
● ワーグナー:『神々の黄昏』全曲


 マンフレート・ユング(テノール/ジークフリート)
 フランツ・マツーラ(バリトン/グンター)
 フリッツ・ヒューブナー(バス/ハーゲン)
 ヘルマン・ベヒト(バス/アルベリヒ)
 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)
 ジャニーヌ・アルトマイアー(ソプラノ/グートルーネ)
 グェンドリン・キレブリュー(メゾ・ソプラノ/ヴァルトラウテ)、他
 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1980年、バイロイト
Disc77-79
● ワーグナー:『パルジファル』全曲


 ジェイムズ・キング(テノール/パルジファル)
 フランツ・クラス(バス/グルネマンツ)
 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ/クンドリ)
 トーマス・ステュアート(バリトン/アンフォルタス)
 カール・リッダーブッシュ(バス/ティトゥレル)
 ドナルド・マッキンタイア(バリトン/グリングゾル)
 ヘルミン・エッサー(バリトン/第1の聖杯騎士)
 ベンクト・ルンドグレン(バス/第2の聖杯騎士)、他
 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1970年8月、バイロイト
Disc80
ヴェーベルン:
1. 管弦楽のためのパッサカリア Op.1
2. 弦楽四重奏のための5つの楽章 Op.5
3. 管弦楽のための6つの小品 Op.6(原典版)

J.S.バッハ:
4. 『音楽の捧げもの』 BWV.1079より6声のフーガ(リチェルカータ ヴェーベルン編)

シューベルト:
5. 6つのドイツ舞曲 D.820(ヴェーベルン編)

ヴェーベルン:
6. 夏風の中で


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1994年9月、ベルリン
Disc81
ヴェーベルン:
1. 管弦楽のための5つの小品 Op.10
2. 3つの管弦楽歌曲
3. 交響曲 Op.21
4. 眼の光 Op.26
5. カンタータ第1番 Op.29
6. 管弦楽のための変奏曲 Op.30
7. カンタータ第2番 Op.31


 クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ:2,7)
 ジェラルド・フィンリー(バス:7)
 BBCシンガーズ(4,5,7)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1996年2月(1,2)、1994年9月(3-7)、ベルリン
Disc82
ヴェーベルン:
1. ピアノ五重奏曲
2. 軽やかな小舟に乗って逃れよ Op.2
3. 2つの歌曲 Op.8
4. 管弦楽のための5つの小品 Op.10
5. 4つの歌 Op.13
6. 6つの歌 Op.14
7. 5つの宗教的歌曲 Op.15
8. 5つのカノン Op.16
9. 3つの宗教的民謡 Op.17
10. 3つの歌曲 Op.18
11. 2つの歌曲 Op.19
12. 四重奏曲 Op.22
13. 9楽器のための協奏曲


 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ:1,12,13)
 フランソワーズ・ポレ(ソプラノ:3,5,6)
 クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ:7-10)
 BBCシンガーズ(2,11)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:1992年10月、パリ
Disc83
● ピエール・ブーレーズへのインタビュー
 録音:1995年
Disc84
ラヴェル:
1. 左手のためのピアノ協奏曲ニ長調
2. ピアノ協奏曲ト長調

ワーグナー:
3. 『トリスタンとイゾルデ』より第1幕への前奏曲


 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ:1,2)
 クリーヴランド管弦楽団(1,2)
 グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団(3)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音:2010年2月、クリーヴランド(1,2)、2003年4月、東京(3)


【ブルーレイ・ビデオ】
ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲

● Disc1:『ラインの黄金』
● Disc2:『ワルキューレ』
● Disc3:『ジークフリート』
● Disc4:『神々の黄昏』

 演出:パトリス・シェロー
 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団、他
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 制作:1980年7月(Disc1-3)、1979年7月(Disc4)、バイロイト
 画面:カラー、4:3
 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。


総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ニーベルングの指環のBlu-rayをほしくてか...

投稿日:2022/06/18 (土)

ニーベルングの指環のBlu-rayをほしくてかいましたが、CDの出来に驚嘆。ブーレーズという指揮者、専業指揮者に比べれば、簡素な音なのですが、読みというか、再現力というか、指揮の結果として出てくるものに専業指揮者との知力の差が、歴然と示めされるブーレーズ嫌味というか、ものすごいです。上等の華美なフォーマルでなく、ジーンズを穿いているからと馬鹿にすると痛い目を見ます。

トラトラトラ さん | 佐賀県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ソニー時代と比べ この時代のブーレーズに...

投稿日:2022/05/29 (日)

ソニー時代と比べ この時代のブーレーズに対して 否定的な意見があるが、二度目の方が 驚きが少なくなるのであって、評価としては これ以外つけようがない。指揮者の熱い思いが全面に出るアプローチとは正反対の透明なマーラー、一方指揮者が全面に出た 指輪 どちらも見事である。かなわなかった願望をひとつ。せっかく指輪をBDにしたのであれば、ペレアスとメリザンドと 死者の家もBD化して収録してほしかったと切に思う。いずれも映像作品として依然 一番である。あと 正規かどうかあやしいが ルルのBDもあれば。。。。

VDGG さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
私としてはソニーのように背表紙までオリジ...

投稿日:2022/03/14 (月)

私としてはソニーのように背表紙までオリジナル仕様にして欲しかったです。演奏は言わずもがな。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

1

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品