Brahms / Dvorak

Brahms / Dvorak | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

31件

すべてのユーザーレビューを見る(31件)

  • 白眉は《新世界》!重厚でありながら弾んでいるような...

    投稿日:2010/09/26

    白眉は《新世界》!重厚でありながら弾んでいるような素晴らしい第一楽章。反復もしっかり行っている。強弱や緩急の一つ一つが胸のすくような絶妙ぶり。一転第二楽章では、家路の旋律が、やや速めのテンポでありながら味わい深く響く。後半、ヴァイオリンとチェロとの掛け合いにおけるパオゼはもう少し溜めた演奏が好みであるが、スウィトナーも説得力充分。続く五音音階のメロディも懐かしさに溢れている。第三楽章ではSKB特有の木目調の管楽器の音色がよい。弦楽器の細やかな刻みも素晴らしい。終楽章はスウィトナーの面目躍如!音のいちいちが熱気に満ちており、わざと拍手でもつけたらライヴ録音として十分ごまかせる程ライヴ的!驚くべきはコーダのテンポ設定。まさかと思うところで倍速で驀進(笑)。しかも最後のディミヌエンドは思い切り引っ張って、まるで後ろ髪を引かれるような印象を聴き手に焼き付ける!これヤラレました。その他について。諸氏絶賛のドヴォ8も名演。特に両端楽章におけるコーダの捲りは最高だ。だが個人的には、響きのニュアンスの豊かさにおいて、ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンの演奏に軍配を挙げたい。ゾンダーマンのティンパニや、至るところで名技を発揮する管楽器群(マーンのオーボエやダムのホルンなど)が絶妙としか言えないほどのブレンド具合で鳴らされているからだ。ブラ1は東京ライヴと録音年代も近く、甲乙付けがたい名演だ。終楽章主題全奏での加速はヴァントもやったが、スウィトナーのはよりエネルギッシュだ。もっとも私としては、この部分はインテンポで通してほしいことから、ザンデルリンクなどをより好むが、これ程までにエナジーを孕んだスウィトナーの指揮に文句をいうのは野暮である。総じて、曲によって多少粗っぽさや強引さがあるにせよ、魂のこもった熱演として高く評価したい。殊に昨今ありがちの、精緻な余り勢いに欠ける演奏に辟易している愛好家には、強く推薦したい。

    遊悠音詩人 さん

    4
  • ブラームスの交響曲第3番は、セルとコンセルトヘボウ...

    投稿日:2009/09/16

    ブラームスの交響曲第3番は、セルとコンセルトヘボウの両方の特徴が生きており、整然としながらも力強さと温もりを感じさせる好感度の高い演奏だと思いました。音質も、モノラルにありがちな曇った音ではなく、古さを感じさせないような明瞭さがあります。ドヴォルザークの8番も好演です。演奏時間は次のとおり。 ブラームス交響曲第3番/T9:45/U7:40/V5:46/W8:43 ドヴォルザーク交響曲第8番/T10:07/U9:53/V6:16/W8:57

    MMT さん

    0
  • 1970年代の高校時代、宇野○芳の影響でアンチカラ...

    投稿日:2021/07/19

    1970年代の高校時代、宇野○芳の影響でアンチカラヤンを自認していた(影響される方が悪い)が、なぜか当カラヤン盤のLPを買った。当時、全盛期を迎えていたカラヤンなので、何か1枚ぐらい買おうと思って、「ベートーベンの交響曲は絶対にあり得ないが、他の管弦楽曲ならいいか」というようなことを生意気にも考えたのかもしれない。ショボいステレオでLPを聴いていたので、良い音を聴けるはずがなく、特段の感想も無かった。そしてこのCDだ。ハンガリー舞曲が1959年、スラブ舞曲が1971年、ともにベルリンのイエス・キリスト教会での録音。ベルリンフィルの分厚い響きとともに意気揚々としたカラヤンの音楽を楽しむことができる。リマスターの有無などは別として、あのLPにこのような音楽が詰まっていたとは感慨も一入だ。

    snk さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Brahms / Dvorakのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%