Bud Powell

Bud Powell (バド・パウエル) レビュー一覧

Bud Powell | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

74件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  •  クラシック寄りの「バド・オン・バッハ」が収録され...

    投稿日:2021/07/12

     クラシック寄りの「バド・オン・バッハ」が収録されているアルバム1枚です。  この手のアルバムをお探しの方は  Eugen Cicero『Rokoko‐jazz』(MPS) 等、Eugen Ciceroのアルバムを聞かれる事をお薦めします。 他、  Grant Green『Visions』(Blue note) を挙げられます。

    ようたん さん

    0
  • 有名な「Cleopatra’s dream」から幕を開ける一枚。こ...

    投稿日:2021/07/08

    有名な「Cleopatra’s dream」から幕を開ける一枚。これ、バド・パウエル作なんです。すべて彼のオリジナルで占められた今作、Amazing...がパウエルのプレイを聴きたい人向けなら、こちらは、パウエルの曲を聴きたい人向け。コンポーザーとしての魅力がたっぷり詰まった一枚です。

    どん さん

    0
  • ビ・バップなどのモダンジャズピアノの始祖です。とに...

    投稿日:2021/07/08

    ビ・バップなどのモダンジャズピアノの始祖です。とにかく、天才なんでしょう。複雑きわまりないコードチェンジとそこにぴったりと付随していく右手のメロディ。豪放磊落な性格と相まって、フォロワーも多いバド・パウエルは、前期後期で相当評価が分かれるピアニストですが、これは評判が高い前期の代表的な演奏を集めたものです。

    どん さん

    0
  • 第2弾。バド・パウエルというと、ピアノを弾きながら...

    投稿日:2021/07/08

    第2弾。バド・パウエルというと、ピアノを弾きながらウンウン唸るのが有名ですが、このアルバムでもその声はしっかりと収められていて、気になる人は気になるかもしれません。そういや、キース・ジャレットも唸ってますから、パウエルからの伝統なんでしょう。Vol.1とこれは、パウエルの中でも相当売れたと思います。名盤。

    どん さん

    0
  •  録音は一端、切れるもののバラード曲の「This ...

    投稿日:2021/03/13

     録音は一端、切れるもののバラード曲の「This is no laughin’ matter」をお奨めします。  スタンダード曲の「Hot house」、「Straight no chaser」が収録されています。

    ようたん さん

    0
  •  バラード曲「I’ll keep loving y...

    投稿日:2021/03/13

     バラード曲「I’ll keep loving you」をお奨めします。  Charlie Parkerが演奏していた「Cherokee」、ヨーロッパ・ジャズで取り上げられる「Celia」の他、スタンダード曲  「April in Paris」  「Body and soul」 が演奏されています。

    ようたん さん

    0
  • ビ・バップなどのモダンジャズピアノの始祖です。とに...

    投稿日:2021/02/22

    ビ・バップなどのモダンジャズピアノの始祖です。とにかく、天才なんでしょう。複雑きわまりないコードチェンジとそこにぴったりと付随していく右手のメロディ。豪放磊落な性格と相まって、フォロワーも多いバド・パウエルは、前期後期で相当評価が分かれるピアニストですが、これは評判が高い前期の代表的な演奏を集めたものです。

    どん さん

    0
  • amazing bud 第2弾。バド・パウエルというと、ピアノ...

    投稿日:2021/02/22

    amazing bud 第2弾。バド・パウエルというと、ピアノを弾きながらウンウン唸るのが有名ですが、このアルバムでもその声はしっかりと収められていて、気になる人は気になるかもしれません。そういや、キース・ジャレットも唸ってますから、パウエルからの伝統なんでしょう。vol.1とともに、パウエルの中でも相当売れたと思います。名盤。

    どん さん

    0
  • アメイジングシリーズの第3弾、と受け止められていま...

    投稿日:2021/02/22

    アメイジングシリーズの第3弾、と受け止められていますが、この間にパウエルは少々重い精神疾患にかかって、薬物治療などを強いられます。それが元で、この前と後ではちょっと違う人になっちゃいました。彼の人気や評価が前期、後期で分かれる理由です。まあ、それはさておき、鍵盤に向かいながら取り憑かれたように音を紡ぐ彼の演奏は、今日でも強く心をつかみます。

    どん さん

    0
  • 50年代から60年代にかけて、多くのジャズミュージシャ...

    投稿日:2021/02/22

    50年代から60年代にかけて、多くのジャズミュージシャンが渡欧しましたが、パウエルもその一人。アメリカからフランスに渡ったパウエルは、ここで好意的に迎えられ、第二のジャズ人生を送ることになります。その頃の「機嫌のいい」パウエルの演奏が聴けます。まだまだ枯れた、という感じでもないんですが、何か音の向こうを見透かしながら弾いているような印象。秋の日にお薦めの一枚。

    どん さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%