CD 輸入盤

Ballad Of The Fallen

Charlie Haden (チャーリー・ヘイデン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8115462
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ecm
:
Germany
オリジナル盤発売年
:
1983
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DOWNBEAT 1984年Critics Poll にて JAZZ ALBUM OF THE YEAR獲得。

Don Cherry(tp)
Sharon Freeman(French Horn) Mick Goodrick(g)
Jack Jeffers(tuba)
Michael Mantler(tp)
Paul Motian(ds,perc)
Jim Pepper(ts,ss,fl)
Dewey Redman(ts)
Steve Slagle(as,ss,cla,fl) Gary Valente(tb)
Carla Bley(p)
Charlie Haden(b)
1982年11月録音

収録曲   

  • 01. Els Segadors
  • 02. Ballad Of The Fallen, The
  • 03. If You Want To Write Me
  • 04. Grandola Vila Morena
  • 05. Introduction To People
  • 06. People United Will Never Be Defeated, The
  • 07. Silence
  • 08. Too Late
  • 09. La Pasionaria
  • 10. La Santa Espina

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リベレーション・ミュージック・オーケスト...

投稿日:2021/07/08 (木)

リベレーション・ミュージック・オーケストラ名義のアルバムはどれも名盤なのだか、本作は際立って美しくまた悲しいアルバムだ。デビュー作はおいておいて後の「ドリームキーパー」も捨てがたいが、完成された作品としてこちらに軍配を上げたい気がする。またドン・チェリー、ポール・モチアン、デューイ・レッドマンの参加が嬉しい。同バンドは反体制的なコンセプトを持ってアルバムを出すが、本作は(たしか)ニカラグア内戦を憂いての作品だったと思う。ジャケット裏の子供が書いたと思われる人が血を流して倒れる絵はそう言った意味で衝撃だし、そう言ったコンセプトは本作に深みを与えていると思うが、難しいことを考えなくても楽しめる作品ではある。

青のサボイア さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Haden

Charles (Edward) Hadenは1937年8月6日、彼自身が22ヶ月で“デビュー”することになる、ラジオ・ショウを持っていたC&Wのファミリー・バンドの家族としてアイオア洲、Shenandoahに生まれ。歌っていたチャールスは、15歳でポリオに感染、歌を断念する。スプリングフィールドに移住した、ヘイデン家はここでもRed Foleyがホストを務めるTVショウに出演、チャールスはべース

プロフィール詳細へ

Charlie Hadenに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品