CD 輸入盤

All For You

Diana Krall (ダイアナ・クラール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IMPD182
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1996
フォーマット
:
CD

商品説明

ナット・キング・コールに捧げられて製作されたアルバム。ラッセル・マローン(g)ポール・ケラー(b)とのトリオによるフォーマットはナット・キング・コールへのトリビュートアルバムとしては当然かもしれないが、ダイアナ・クラールはこの難しいフォーマットを見事にこなし、しかもブルース系の歌における、カーメン・マクレエ以来最も素晴らしい資質を見せてくれた。

初期のダイアナの実力を記した最も印象的なこの作品は、ジャズやブルース、ブギウギーに囲まれて育った音楽一家での知らず知らずの薫陶が、年齢を重ねることによって熟成し、発酵するように沁みましてきた。ジャズ歌手としての並々ならぬ実力、ピアニストとしての有望な資質を開花させたダイアナ初期の最高傑作。

収録曲   

  • 01. I'm an Errand Girl for Rhythm (02:55)
  • 02. Gee Baby, Ain't I Good to You (04:07)
  • 03. You Call It Madness (But I Call It Love) (04:57)
  • 04. Frim Fram Sauce, The (05:01)
  • 05. Boulevard of Broken Dreams, The (06:27)
  • 06. Baby, Baby All the Time (05:56)
  • 07. Hit That Jive, Jack! (04:16)
  • 08. You're Looking at Me (05:55)
  • 09. I'm Through with Love (04:26)
  • 10. 'Deed I Do (05:52)
  • 11. Blossom Fell, A (05:15)
  • 12. If I Had You (04:55)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
please listen ms.kenney,ms.fitzgerald,ms...

投稿日:2013/01/05 (土)

please listen ms.kenney,ms.fitzgerald,ms.connor,ms.山口淑子,ms.テレサ・テン,ms.淡谷のり子,ms.青江三奈,ms.藤あや子,ms.藤圭子,ms.stafford,ms.horne,ms.shereen abd el wahab,ms.jannat,ms.somaya,etc,etc...,Diana Krall not singer...! very terrible,what this singing...?,oh my 關羽 !!!

金剛力士 さん | Okinawa | 不明

0
★
★
★
★
★
。。 All For You 。。は、とても、私のお...

投稿日:2007/03/16 (金)

。。 All For You 。。は、とても、私のお気に入りのアルバム。です。。。 Holly Cole 。。  Rebecka Tornqvist  。。  Helen Merrill 。。 Caecilie Norby  。。 Sade  。。 Alicia Keys  。。 Nolwenn Leroy 。。の アルバム。と、ともに、私の、愛聴版です。!。。。

kanahayley さん | hiroshima | 不明

0
★
★
★
★
☆
個人的にはLIVEINPARISが一番で次がこれだ...

投稿日:2005/05/23 (月)

個人的にはLIVEINPARISが一番で次がこれだ。まだ?歌もバックも少しだけ線が細く成熟度はいまいちなのだがフォーマットと選曲のセンスがいいのだ。ジャケットもいいのだがまだあまり美人ではない様な・・・。田舎娘的な雰囲気がかなり残っている。内容はまったくそんな事もなく、Jazzyな雰囲気も抜群で何よりこのハスキーでやや太い声にコロリと参ってしまう。ネコに鰹節状態。部屋の空気も一変(おおげさだ)。

いやみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Diana Krall

1981年、ダイアナに転機が訪れる。「ヴァンクーヴァー・ジャズ・フェスティヴァル」の奨学金を得て、バークリー音楽院に入学することになったのだ。一年半の猛勉強の後、ダイアナは故郷へ戻った。ここで、今度は現在にまで繋がる大きな出会いがあった。地元ナナイモで演奏していたダイアナを、当地に来ていたベーシストのレイ・ブラウンが耳にしダイアナを協力にバックアップすることになる。

プロフィール詳細へ

Diana Krallに関連するトピックス

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品