Dinosaur Jr.

Dinosaur Jr. (ダイナソー・ジュニア) プロフィール

Dinosaur Jr. | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Dinosaur Jr.

ダイナソーJr. (Dinosaur Jr.) は、アメリカのオルタナティヴ・ロックバンド。ノイジーなギターサウンドとポップなメロディに乗せた気だるいヴォーカルを特徴とする音楽性により、1990年代のグランジ・オルタナティヴブームの中で人気を得た。

来歴

結成から解散まで

1983年、マサチューセッツ州ボストン郊外のアマーストにて、ハードコア・パンクバンド、ディープ・ウーンド (Deep Wound) のメンバーだったJ・マスシスとルー・バーロウ (Lou Barlow) により結成される。当初、バンド名に「Jr」はついてなかったが、同名のバンドが存在することが判明したため、1987年に改名した。

1985年にニューヨークのインディーズレーベル、ホームステッド・レコードからデビューアルバム「Dinosaur」をリリース。その後、インディーシーンの雄ソニック・ユースに認められ、SSTと契約。1987年2ndアルバム「You're Living All Over Me」を、1988年に3rdアルバム「Bug」を同レーベルからリリースする(ヨーロッパではブラスト・ファーストからリリース)。「Bug」発売に伴うツアー終了後、マスシスとの対立が深刻になったバーロウがバンドを去る。

1991年、ゲストにドン・フレミング(主にベースを担当)らを迎えて4thアルバム「Green Mind」をレコーディング。同時にWEA傘下の英ブランコ・イ・ネグロ(アメリカではサイア・レコード)と契約し、同アルバムからメジャーからのリリースとなった。なお、同作の制作の頃からマーフに代わってマスシスがドラムを叩くことが多くなり、ベース以外の楽器はほぼすべて彼が演奏するようになっていった。続くアルバム「Where You Been」発表の後、マーフが脱退。これによりオリジナルメンバーはマスシスのみとなり、ダイナソーJr.はバンド…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%