CD

Theme Of Secrets

Eddie Jobson (エディジョブソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCM35515
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
初回限定盤, 紙ジャケ, リマスター
追加情報
:
初回生産限定盤
紙ジャケット仕様
最新リマスタリング

商品説明

1973年にカーヴド・エアに加入して、プロとしてのキャリアをスタート。その後、ロキシーミュージック、フランク・ザッパ、キング・クリムゾン、UK、ジェスロ・タルと歴代の名バンドのメンバーとして活躍したキーボード&ヴァイオリン奏者、エディ・ジョブソンがプライヴェート・ミュージックに唯一残した作品。静かで美しいメロディに包まれたアンビエント感溢れる秀作。ファン必聴の一枚。 (1986年作品)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
発表当時は『80年代の狂気(PINKFLOYD)』...

投稿日:2009/05/05 (火)

発表当時は『80年代の狂気(PINKFLOYD)』と評価されたJobsonの2nd。今回の再発で多くのリスナーに聴かれるようになって嬉しい。UKを期待しないで、癒しを求めて聴いて下さい。何度もリフレインするテーマに、必ず引き込まれます。SEBASTIAN HARDIE,Mike Oldfieldが好きな人なら愛聴盤として一生付き合っていけるでしょう。 最近新作?UKZを発表した彼ですが、こちら方面の活躍を期待するのは無理でしょうか?

virgin2001 さん | 静岡県浜松市 | 不明

2
★
★
★
★
☆
ついに再発。中古でもなかなか出てこなかっ...

投稿日:2009/04/02 (木)

ついに再発。中古でもなかなか出てこなかったし、あれば激プレミア価格であった本作の再発は嬉しい。本作ではエレクトリック・ヴァイオリンも、Zinkで聴かされた素っ頓狂なVoもないが、シンクラヴィア一本で作り上げた力強いシンセ・ミュージックの数々はどこかU.K.~Zinkの香りが漂う。シンクラヴィアなのにCS80っぽい音もちらほら。タイトル曲もさることながら、M3、M6は必聴。リマスターはよしとして、紙ジャケにする必要はあるのか?

satosan さん | 落花生の里 | 不明

1

Eddie Jobsonに関連するトピックス

おすすめの商品