CD 輸入盤

Last Date

Eric Dolphy (エリック・ドルフィー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
JZUP55006
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
デジパック, 4ボーナストラック, リマスター,輸入盤

商品説明

鬼才エリック・ドルフィーの死の一月前、最後の録音
鬼気迫る凄絶な演奏に魂を揺さぶられる


★ブックレット(書下ろしライナー)封入。3面見開きデジパック仕様。

★長いジャズ史においても、最も革新的な演奏家の一人としてその名を知られているマルチ・リード奏者、鬼才エリック・ドルフィーが1964年6月に録音した最後の音源。ドルフィーが同年4月末にチャールズ・ミンガスのもとを去った直後に、ヒルバーサムとパリで録音されたもの。録音の一月後の1964年6月29日、ドルフィーは、糖尿病性の昏睡状態からベルリンで36歳の若さでこの世を去った。鬼気迫る凄絶な演奏に魂を揺さぶられる。

★オリジナル盤には未収録のボーナストラック4曲追加。

Eric Dolphy / Last Date
01 Epistrophy
02 South Street Exit
03 The Madrig Speaks, The Panther Walks
04 Hypochristmutreefuzz
05 You Don’t Know What Love Is
06 Miss Ann
07 245*
08 Gw*
09 Serene*
10 Ode To Charlie Parker*
*Bonus Tracks

メンバー:
Eric Dolphy, alto sax,flute & bass clarinet
On All Tracks, Plus:
Misha Mengelberg (p),Jacques Schols (b),Han Bennink (d)
Recorded in Hilversum, Holland, June 2, 1964.

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Epistrophy
  • 02. South Street Exit
  • 03. The Madrig Speaks, The Panther Walks
  • 04. Hypochristmutreefuzz
  • 05. You Don't Know What Love Is
  • 06. Miss Ann
  • 07. 245
  • 08. Gw
  • 09. Serene
  • 10. Ode To Charlie Parker

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Last Date エリックは大変な奏者だった...

投稿日:2010/12/26 (日)

Last Date エリックは大変な奏者だったのですね。 アルト・フルート・バスクラ、いずれも大した発声です。 さすがにヨーロッパでの録音は不慣れだったのか、あるいは 体調が悪かったのか、最善の演奏ではないかもしれません。 でも「You can never capture it again.」を体現する気合は 多くのジャズ・レコードの中でも滅多にないものです。 死期を予感してか、最終トラックに得意の「Miss Ann」を 持ってきたのは偶然とは思えず、心を揺さぶります。 もちろんブッカー・リトルとの二管の方が上出来ですが、 演奏は人の手によるのですから、お気に入りの曲を選び、 技巧に頼り過ぎず気分良く演奏してくれれば良いのです。 どなたか、エリックとモンクが競演したら凄かったろうと 書いておられましたが、録音が残っていないのは本当に 残念です。きっと、ジャズとか現代音楽とかのジャンルを 超えた唯一無二の記録となったことでしょう。

modern さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ドルフィーの真のリーダーアルバムの一つだ...

投稿日:2006/01/13 (金)

ドルフィーの真のリーダーアルバムの一つだと思います。他のメンバーとのセッションに比べて,何かから開放された自由な空間の中のドルフィーが感じられます。メンゲルベルクのピアノとリズムセクションもその雰囲気をしっかり支えている。とてもいいです。

lightnin さん | 青森県 | 不明

0
★
★
★
★
★
バス・クラ、アルト、フルート…全てに於い...

投稿日:2005/06/08 (水)

バス・クラ、アルト、フルート…全てに於いてドルフィーの素晴らしいソロがたっぷり楽しめるます!昔US盤を手放しての再購入だったので、そのまま買ったんじゃ芸が無いと思いUK盤で購入しましたが、US盤の方が、聴きながら見るのには断然良かったなァ。録音日等解り辛く不親切だし、解説は,99年に書き起こしてるみたいだけど、リマスタリング等もされた形跡無いし。紙ジャケでもなければ、味気ない国内盤『オリジナル・イラストジャケ』に拘る事も無いので、断然US盤をお勧め。映画から起こされてるみたいだけど、演奏シーンが見たいですね。

時計仕掛けの林檎 さん | 札幌 | 不明

0

Eric Dolphyに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品